銀行がお店に来たら

銀行・融資・財務のこと

銀行がお店にやってきたら、あえてもてなす

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

銀行は、3月決算ということもあって、

 

 

 

 

①決算間際・・・2‐3月

 

 

 

②上半期の締日・・・8-9月

 

 

 

 

③年末間際・・・11-12月

 

 

 

 

 

に、よくお店にやってきます。

 

 

 

 

 

見ていただくとわかるのですが、美容室・理容室の繁忙期と重なってたりします。

 

 

 

 

 

そのため、オーナーさんの中には、

 

 

 

 

 

「この忙しいのに来ないでくれよ。」

 

 

 

 

 

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

中には、会わずに帰ってもらうなんてオーナーさんもいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

ですが、もったいない。非常にもったいない。

 

 

 

 

 

銀行の担当者。彼らは営業職です。

 

 

 

 

 

営業職の人がお店を訪問してくる理由は何でしょうか?

 

 

 

 

 

そう。何かを販売したいんですよね。

 

 

 

 

 

では、営業職である銀行が何を販売したいのかというと、

 

 

 

 

 

そのほとんどが、「追加融資」という商品です。

 

 

 

 

 

 

そのため、この時期に会わないのは、非常にもったいないんです。

 

 

 

 

 

オーナーさんが借りたい時と、

 

 

 

 

 

銀行が借りて欲しいとお店に来た時、

 

 

 

 

 

どちらの方が好条件で借入が出来るでしょうか?

 

 

 

 

 

当然、後者ですよね。

 

 

 

 

 

銀行がお店に来たときほど、チャンスです。

 

 

 

 

 

忙しい時期ほど、彼らはお店に来たりします。

 

 

 

 

 

「なんで忙しい今の時期に来るんだよ。」

 

 

 

 

 

ではなく。

 

 

 

 

 

発想を転換して。

 

 

 

 

 

「好条件の融資が向こうから来てくれた。忙しいけど、これはチャンスだな。」

 

 

 

 

 

と考えていただくことをオススメします。

 

 

 

 

 

そのため、お茶の1つでも出して、話をゆっくり聞いてみてください。

 

 

 

 

 

というより、融資の話をこちらから振ってあげてください。

 

 

 

 

 

 

銀行の担当者も、この時期はノルマに追われて必死なことも多いです。

 

 

 

 

 

 

ぜひ、好条件の融資を勝ち取るキッカケをつかんで下さい。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

開業と事業計画書の制度美容室の開業で、事業計画書の精度が甘いとどうなるか?前のページ

保険は、見直しましょう。いらない保険で後悔しないためにも。次のページ美容室と保険契約

関連記事

  1. 新規出店の担保
  2. 銀行の異動時期
  3. 美容室の納税資金
  4. プロパー融資
  5. 美容室と見た目
  6. 美容室の決算説明

最近の記事

  1. 最低賃金
  2. 実質無利息
  3. 東金市の理美容室
  4. 山武市・美容室
  5. 八潮市の理美容室
  6. 国保の減免
  7. 千葉市の理美容業
  8. 固定費の管理

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP