美容室と現金預金

銀行・融資・財務のこと

手元のキャッシュを潤沢にして、攻めの経営をするオーナーさんが勝っている

 

 

税理士の山本です。

 

 

税理士変更などで決算書を見せていただくと、

 

 

「赤字の原因は、資金がなく次の手を打てないからだな。」

 

 

と思うことがよくあります。

 

 

資金がないから、現状から脱却できない。攻めの経営ができない。

というオーナーさんは意外と多いです。

 

 

だから私は、銀行さんと日頃どのように付き合えばいいか、

どうやって資金調達すればいいかをオーナーさんにお伝えするようにしています。

 

 

理由は1つ。

 

「手元のキャッシュを潤沢にして、攻めの経営をして利益を出すため。」

 

 

この好循環を作れば、

貸した銀行さんから「また借りませんか?」とお願いに来るくらいです。

 

 

そしてこの好循環に入ったオーナーさんのほとんどが、

資金繰りに困ることはなくなっています。

つまり、お金の流れが変われば、黒字体質になるということ。

 

 

 

「資金があれば、他の店ができない戦略がとれますから。まず負けません。」

 

 

多店舗展開を進めるオーナーさんの一言ですが、

そのオーナーさんが市場で勝つ理由がシンプルにわかります。

 

 

借入はいくらあってもお店は潰れません。

お店が潰れるのは借入が多いからではなく、キャッシュがなくなるから。

 

 

それどころか、借入を活用して潤沢な資金があるお店の方が、

はるかに潰れにくく黒字体質です。

 

 

キャッシュを調達して、勝負所で攻めの経営ができるか。

これが経営の明暗を分けるポイントの1つですね。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室とみなし自己資金美容室の開業のために先払いしたお金を、自己資金と認めてもらうための2つのポイント【みなし自己資金】前のページ

3月は、健康保険料の料率(%)改定があります【美容室の給与計算】次のページ美容室と社会保険

関連記事

  1. 融資と説明
  2. 美容室と繰上返済
  3. 平均残高と月末残高
  4. 銀行と見せかけの低金利
  5. 美容業と新型コロナウイルス感染症特別貸付
  6. 運転資金と美容室

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP