定期預金の解約

銀行・融資・財務のこと

定期預金をいきなり解約したら、銀行はどう思う?

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「新店舗の開店に向けて運転資金を厚くするため、定期預金を解約しようと思います。

担保に取られてはいませんが、急に解約したら、今後の融資に悪影響ですか?」

 

 

 

 

 

オーナーさんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

結論からお伝えすると、「無言の解約は避けましょう。」

 

 

 

 

 

銀行は担保に取っていない限り、預金の払出しの申出を受ければ、それに応じなければなりません。

 

 

 

 

 

ただ、担保には取っていないものの「この定期預金の預け入れがあるから」という理由で融資を行なっていることもあります。

 

 

 

 

 

こういった状態においてその定期預金が解約されたとなると、

 

 

 

 

 

その融資の全額返済を求めることはできないにしても、

 

 

 

 

 

少なくとも次回も同じような融資が可能になるかどうかは非常に微妙です。

 

 

 

 

 

また、急に解約することで、

 

 

 

 

 

「解約する前に、一言、相談してくれてもいいのに」とか

 

 

「相談してくれれば別の方法も考えられたのに」とか、ひいては、

 

 

「資金繰りが危ないのかな?」

 

 

 

 

 

という印象を銀行に持たれることもあります。

 

 

 

 

 

つまり、説明せずに銀行に悪い印象を持たれるのは、あまりにもったいないです。

 

 

 

 

 

融資を受けていない銀行の定期預金は、勝手に解約しても何の悪影響もありませんが、

 

 

 

 

 

 

融資取引がある銀行に預けてある定期預金を解約するなら、事前に連絡することがベターです。

 

 

 

 

 

事前に相談を受ければ、定期預金の解約ではなく、追加融資だって十分にあり得るからです。

 

 

 

 

 

 

無言の解約は避けましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

全国銀行協会「2019年5月1日の改元」および「10連休に関する銀行取引」の留意点について(全国銀行協会)前のページ

新元号と源泉所得税納付書の書き方【毎月納付のオーナーさんは、特に注意です】次のページ源泉所得税の納付書

関連記事

  1. 銀行評価
  2. 日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?
  3. 美容室オーナーさんと、早食いと
  4. 美容室とメインバンク
  5. 美容室と銀行
  6. メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP