美容室とふるさと納税

税金・社会保険のこと

ふるさと納税でワンストップ特例の適用を受けているオーナー様へ

 

 

税理士の山本です。

 

 

2019年に「ふるさと納税」をされたオーナー様、

ワンストップ特例にしたかどうか覚えていらっしゃいますか?

 

 

ちなみにワンストップ特例とは、

確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられるという便利なシステムです。

 

 

給与所得のみなど、確定申告を行う必要のない方が、

ふるさと納税先の自治体(5団体以内)に「特例の適用に関する申請書」を提出することで適用されます。

 

 

しかし、

 

 

①個人事業主のオーナー様や

 

②5団体を超えてしまったオーナー様

 

③医療費控除などを受けるために確定申告するオーナー様は、

 

 

このワンストップ特例は使えませんので、

ふるさと納税の控除を受けるために確定申告する必要があります。

 

 

確定申告を忘れてしまうと、

 

「せっかくふるさと納税したのに、控除を受けられてなかった(汗」

 

となってしまいますので、再度ご確認ください。

 

 

(ちなみに、私とご契約いただいているお客様は、

もちろん確定申告でふるさと納税の控除を行いますのでご安心ください。)

 

 

詳しくは、総務省ふるさと納税ポータルサイトをご確認ください。

 

 

また、「私は大丈夫かな?」とご心配なオーナー様は、

念のため、3月16日(月)の確定申告期限までにご相談ください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の多店舗展開経費を使わないことが、1番良い経費の使い方(多店舗展開できている美容室オーナー様ほど、この傾向があります)前のページ

東京都の創業補助金が、今年もスタートします!次のページ東京都の創業補助金

関連記事

  1. 確定申告書の写し
  2. ふるさと納税
  3. ふるさと納税
  4. 社会保険の一部加入
  5. 美容室と軽減税率
  6. 美容室と法人オーナー

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP