住民税の納期の特例

税金・社会保険のこと

スタッフさんの住民税の支払いを、年2回にまとめる方法【納期の特例】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

先週のブログでもお知らせした住民税の特別徴収。

 

 

 

給与計算などの事務手続きをオーナーさんが行っている場合、

 

 

 

「住民税を毎月納付しにいくのは、時間がもったいないな。」

 

 

 

と思うこともありますよね。

 

 

 

 

また、日々の業務に追われうっかり納付を忘れていた、、、

 

 

 

 

なんてこともあるかもしれません。

 

 

 

 

そんなオーナー様に知っておいていただきたいのが、

 

 

 

 

住民税の「納期の特例」という制度。

 

 

 

 

はい、源泉所得税でおなじみの「納期の特例」という制度、実は住民税にもあります。

 

 

 

 

毎月の給与から天引きした住民税は、翌月10日までに納める必要がありますが

 

 

 

 

納期の特例の適用を受けると納付のみ年2回となります(給与天引きは毎月です)。

 

 

 

・6月分から11月分  ⇒  12月10日まで

 

・12月分から5月分  ⇒   6月10日まで

 

 

 

ちなみに、この特例の適用を受けることができるのは、

 

 

 

給与の支払いを受けるスタッフさんが常時10人未満の場合に限られ、

 

 

 

事前に各市町村に申請書を提出し承認を受ける必要があります。

 

 

(スタッフさんが3人いて、それぞれ異なる市町村に住んでいる場合は、

3つの市町村に申請をしなくてはいけません。

複数の市町村にスタッフさんが住んでいる場合は、最初だけ少し手間がかかるのがデメリットです。)

 

 

 

 

また、年2回の納付となるため手続きは楽になりますが
 

 

 

 

1回に納める金額は大きくなりますので、

 

 

 

申請なさるオーナー様は、資金不足とならないように別口座で管理するなどの対策をしておいてください。

 

 

【サンプル:千葉市⇒ 千葉市HP「納期の特例承認申請書」】

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

融資とサービス銀行員へ、お店の技術力の高さを説明する方法前のページ

「どこに頼むかではなく、誰に頼むか。」次のページ「どこに頼むかではなく、誰に頼むか。」

関連記事

  1. 社会保険
  2. 国保の減免
  3. 猶予制度
  4. 雇用保険の手続き
  5. 納期の特例
  6. 業務委託契約書と印紙代

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP