美容室とタバコ

税金・社会保険のこと

タバコとオーナーさんの覚悟

 

 

 

エアコンのそよ風で風邪をこじらせそうな、

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

今年の10月から、たばこ税が増税になりますね。

 

 

 

 

私は、今でこそ禁煙に成功していますが、

 

 

 

 

 

10代の頃は、お世辞にも素行が良いとは言えなかったので、特に高校時代、

 

 

 

 

マイセン・マルボロ・セッターあたりを好んで吸っていました。

 

 

 

1.さよならワンコイン時代

 

 

 

たばこは、日本トップクラスに税金の高い商品です。

 

 

 

1箱の6割以上が税金なのは有名な話。

 

 

 

実に高いですね。

 

 

 

 

 

喫煙者の方は、もうご存知かと思いますが、

 

 

 

 

このたばこ税、また上がります。

 

 

 

 

まず2018年10月1日から、

 

 

 

 

1本あたり1円の税金アップで、

 

 

 

 

2年後にまた1円、

 

 

 

 

3年後にまた1円と、

 

 

 

 

3年かけて1本3円値上げするので、

 

 

 

 

少なくとも、1箱あたり60円の増税になります。

 

 

 

 

 

消費税を考慮すると、

 

 

 

現在440円の銘柄は、一箱520円くらいになるかもしれません。

 

 

 

 

さよならワンコイン時代。。。

 

 

 

2.時代の変化とオーナーさんの覚悟

 

 

 

昔、300円から410円くらいに値上げされた時も感じましたが、

 

 

 

 

時代が変わってきているように感じます。

 

 

 

 

 

街中で吸えなくなりました。

 

 

 

電車で吸えなくなりました。

 

 

 

飲食店で吸えなくなりました。

 

 

 

 

 

あと20年もしたら、

 

 

 

タバコを吸う人がほとんどいなくなる。

 

 

 

そんな世の中が来るのではないかと思ってしまうくらい、

 

 

 

時代の流れが変わってきているように感じます。

 

 

 

 

 

 

ある美容室の採用面接でも、

 

 

 

「今すぐ、禁煙できますか?」

 

 

 

この答えがNOなら、不採用にするというオーナーさんもいらっしゃるくらいです。

 

 

 

 

「お客様に快適な空間を提供したいので、

 

タバコがない空間を、採用の段階から仕組みとして作り上げるんです。」

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

オーナーさんの覚悟を感じるお言葉でした。

 

 

 

 

 

時代の流れに取り残されないよう、

 

 

 

私も行動しよう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

地酒お盆明けに前のページ

粉飾決算のリスク、バレると融資が次のページ美容室と粉飾決算

関連記事

  1. 美容室のフリーランスと年末調整
  2. 住民税の納期の特例
  3. 確定申告書の写し
  4. 自己資本と純資産
  5. 猶予制度
  6. 美容室と累積赤字

最近の記事

  1. 理美容室の賞与
  2. 家賃支援
  3. テナント支援
  4. 最低賃金
  5. 実質無利息
  6. 東金市の理美容室
  7. 山武市・美容室
  8. 八潮市の理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP