理容師・美容師さんと社保の扶養

税金・社会保険のこと

持続化給付金は、社会保険の扶養判定から除外!【130万の壁】

 

 

税理士の山本です。

 

「持続化給付金の受給があり、2020年の収入が130万円を超えそうなのですが、

夫の社会保険の扶養から外れないといけないのでしょうか?」

 

ある女性美容師の方から、こんなご質問をいただきました。

 

 

社会保険の扶養でいられるかどうかの判断基準として、

有名な「130万円の壁」というものがあります。

 

 

収入が130万円を超えた場合は、社会保険の扶養から外れてしまうというもので、

「利益(所得)」ではなく「収入」でチェックされます。

 

 

 

ここで冒頭のご質問、

 

「持続化給付金の受給があり、2020年の収入が130万円を超えそうなのですが、

夫の社会保険の扶養から外れないといけないのでしょうか?」

 

 

業務委託・フリーランスの美容師さんなど、

個人事業主の方でも配偶者の不要に入っているというケースもありますので、

外れてしまったら大変です。

所得税負担だけでなく、国民健康保険料の負担も増えてしまいます。

 

 

ですがご安心ください。

結論から申し上げると、持続化給付金は130万円の壁に含まれないとされています。

 

【収入が一時的に増加した被扶養者の方へ】

 

 

こちらは、いばらき共済の記事ですが、念のため年金事務所にも確認をとったところ、

「持続化給付金は、扶養判定に含めなくて大丈夫です」

と回答をいただきました。

 

 

制度の趣旨からして当然ではありますが、

1円でも負担が増えない取り扱いになっていて一安心ですね。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と理容室の確定申告令和2年の確定申告の受付がスタート【申告・納付期限が4月15日まで延長に】前のページ

チャンスを掴むオーナー様の財務戦略【勝敗を分けるのは〇〇】次のページ美容室・出店

関連記事

  1. ネイルサロンと税金
  2. 節税保険
  3. ふるさと納税
  4. 美容室と累積赤字
  5. 社会保険と美容室
  6. 確定申告

最近の記事

  1. キャリアアップ助成金
  2. 社会保険料と美容室・理容室
  3. 美容室・出店
  4. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  5. 美容室と理容室の確定申告
  6. 美容師・理容師と失業給付
  7. 美容室・理容室と一時支援金
  8. 美容室・理容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP