クレジット納付

税金・社会保険のこと

税金のクレジットカード納付で、ポイントを貯める

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

少しずつではありますが、国・地方自治体のインフラも整ってきているため、

 

 

 

 

 

銀行の窓口でなくても、税金が納付できるようになってきています。

 

 

 

 

 

クレジットカ-ド納付がその1つです。

 

 

 

 

 

クレジット納付は、税金の納付の際に、行政のサイトから手続きするだけでできます。

 

 

 

 

 

【税務署(所得税・法人税・消費税など)】

 

https://kokuzei.noufu.jp/

 

 

 

【千葉市(住民税・固定資産税など)】

 

https://koukin.f-regi.com/fc/chiba_city/payment

 

 

 

 

 

なお、ご注意いただきたい点としては、

 

 

 

 

 

クレジット納付を行うと、領収書が発行されません。

 

 

 

 

 

また、納付済みの納税証明書の発行ができるようになるまで、

 

 

 

 

 

3週間ほどかかることもありますので、

 

 

 

 

 

決算直後に融資を申し込むようなケースでは、

 

 

 

 

 

スケジュールが遅れることもありますのでお気を付けください。

 

 

 

 

 

また、クレジット納付は、カードの限度額を上回る納付はできません。

 

 

 

 

 

そのため、所得税・法人税・消費税など、

 

 

 

 

 

1年分、多額の税金を納付なさる際は、

 

 

 

 

枠が足りないと納税できませんので、事前に限度額の確認をお願い致します。

 

 

 

 

 

必ずしもすべての自治体が対応しているわけではありませんが、

 

 

 

 

 

クレジット納付は、カ-ドのポイントが得られるというメリットもありますので、

 

 

 

 

 

検討の余地ありです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

【堀江貴文×MB】「情弱」だらけの美容業界が陥る、クーポンの甘い罠税理士業界も、美容業界とおなじくスライムだらけ前のページ

経営者の自宅は、持ち家と賃貸どっちが有利?次のページ持ち家と賃貸

関連記事

  1. 所得税・社保・労保
  2. 医療費控除と確定申告
  3. マイホームと消費税
  4. 保険料率改定
  5. 社会保険料と美容室・理容室
  6. 通勤手当と社会保険

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP