美容師と相続

税金・社会保険のこと

相続対策で1番大事なことは(私見です)

 

 

マックを食べると、いつも胃もたれする、

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

相続対策と聞くと、皆さんがはじめに想像するのが、

 

 

 

 

 

「税金を下げること。」

 

 

 

 

 

ですが、相続を考えた時、

 

 

 

 

 

1番最初にしなければならない対策は、

 

 

 

 

 

「相続での家族間の紛争を、未然に防ぐこと。

 

 

 

 

 

にあります。

 

 

 

 

 

決して、税金を下げることではありません。

 

 

 

 

 

 

悲しいかな、ほとんどの方が、

 

 

 

 

 

「うちの家族に限って、相続で争うなんてないよ(たぶん。。。)」

 

 

 

 

 

と考えています。

 

 

 

 

 

ほとんどの方が、

 

 

 

 

 

台風が接近しても、

 

 

 

 

 

「自分の命は大丈夫だし、自宅の浸水などないよな(たぶん。。。)」

 

 

 

 

 

と考えるように、

 

 

 

 

 

相続が近づいても、

 

 

 

 

 

「うちの家族に限って、相続で争うなんてないよ(たぶん。。。)」

 

 

 

 

 

と信じています。

 

 

 

 

 

逆に、対策を打つ方は、ごく少数。

 

 

 

 

 

全体の10%もいないでしょう。

 

 

 

 

1.私の経験則ですが

 

 

 

 

「相続紛争」が発生しやすいのは、次のような場合です。

 

 

 

 

 

①相続人である兄弟が、遠くに住んでいる。

 

 

 

 

・・・相続人全員が近くに住んでいる場合、

 

 

 

世間体もあって紛争が発生しにくいです。

 

 

 

 

 

 

②被相続人の配偶者が、もう亡くなっている。

 

 

 

 

・・・お父様がもう亡くなっていて、お母様に相続が発生したような時です。

 

 

 

逆に、お父様orお母様のどちらかが生きていらっしゃる場合、

 

 

 

ご両親のことを想ってか、子ども同士での紛争は起こりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

③遺言がなく、相続について、被相続人の意志が明確でない。

 

 

 

 

・・・遺言があると、やはり話がまとまりやすいです。

 

 

 

「亡くなった父さん、母さんの言葉には、素直に従おう。」

 

 

 

 

こうお考えになる方が多いからです。

 

 

 

 

※ただ、遺言が残されていても、

 

 

 

自分の権利が侵害されたと主張する相続人によって、

 

 

 

「遺留分減殺請求」が申し立てられる場合もありますので、

 

 

 

 

油断はできません(汗

 

 

 

 

 

 

④前妻、前夫との間に子供がいる+再婚相手がいる。

 

 

 

・・・子供と再婚相手との間で、紛争が生じやすいです。

 

 

 

2.まとめに

 

 

最近、相続のご相談をいただくことが増えています。

 

 

 

 

 

ライフスタイルも多様化して、

 

 

 

 

 

お盆と正月くらいしか、

 

 

 

 

家族全員が顔を合わせる機会は、なくなってきています。

 

 

 

 

 

 

家族がみんな健康で、仲が良い。

 

 

 

 

これ以上の幸せは、なかなかないと思いますので、

 

 

 

 

 

少しでも心配な方は、お早めの行動を。

 

 

 

 

※私に相談していただいても大丈夫です。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

 

マックのポテトは美味しいけれど、

 

 

 

胃に与えるダメージの大きさが異常。

 

 

 

わかってても食べたくなるけど。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

社会保険と美容室厚生年金保険料率の引き上げ終了前のページ

経営上のパートナーがいると、店舗経営が軌道に乗るのが速いなあ。次のページ美容室とパートナー

関連記事

  1. 国民年金保険料
  2. 有給休暇の義務化
  3. 美容室と年末調整
  4. ふるさと納税
  5. 住民税特別徴収額決定通知書
  6. 美容室と軽減税率

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP