相続と遺産分割協議

税金・社会保険のこと

相続で家族がもめて、遺産の分割協議がまとまらない場合、金銭面・精神面ともにつらいですよ

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

相続のご相談をお客様から受けるとき、よくこんな質問を頂きます

 

 

 

 

 

「将来、自分の相続で子どもたちが揉めるのは見たくないけど

 

 

正直に言うとね、うちの子たち、あんまり仲良くないんだよ

 

 

もし相続で揉めたら、どんな問題があるんだい?」

 

 

 

 

 

 

私「遺産の分割協議がまとまらない場合でも、

 

 

  申告・納税は、10か月以内にしなければなりません。

 

 

  また、相続税額を小さくする特例の適用も受けられませんので、

 

 

  納税額も高くなる傾向があります。

 

 

  そして、何より、揉める期間が長期に渡ると、奥様やお子さんの心が疲弊します。」

 

 

 

 

 

家族円満なのが1番ではありますが、

 

 

 

 

 

残念ながら、すべての家族がそうではありません。

 

 

 

 

 

 

あなたに相続があった場合に、

 

 

 

 

もしお子さんなどの相続人が分割協議でもめた場合、

 

 

 

 

大きく分けて次の3つの問題が発生するとお考えください。

 

 

問題① 納税資金

 

 

悲しいかな、分割がまとまっていなくても、税務署は待ってくれません。

 

 

 

 

亡くなった日から10か月以内に、申告書を作成して、

 

 

 

 

相続税を納付しなければならないのです。

 

 

 

 

そのため、まずは納税資金の捻出が必要です。

 

 

 

 

*亡くなった方の遺産は、凍結されて使えないでしょうから、

 

 

暫定的に誰かが払う必要があります

 

 

 

 

 

もし、納付できないと、督促・差し押さえ・強制換価の手続きがとられることもあります。

 

 

 

 

 

そのため、「納税資金の問題」これがまず、立ちはだかります。

 

 

 

 

問題② 特例の適用が受けられない

 

 

 

遺産の分割協議がまとまらない場合、相続税額を小さくする特例が受けられません。

 

 

 

 

その中でも特に、「配偶者の税額軽減」「小規模宅地の特例」は、

 

 

 

 

税額を軽減させる効果が大きいため、

 

 

 

 

 

適用の有無は非常に重要な問題となります。

 

 

 

 *ただし、一定の手続きをとれば、

 

 

申告期限から3年以内に分割された場合は、適用を受けることができます

 

 

 

 

 

この「特例の適用が受けられない」これが、2つ目の問題です

 

 

 

 

問題③ 心が疲弊してしまう

 

 

 

最大の問題がこれかもしれません。

 

 

 

 

 

相続人であるお子さんなど、関わった方すべての心が、疲弊してしまいます。

 

 

 

 

 

家族が壊れていきます。

 

 

 

 

 

 

以上3つが、大きな問題として立ちはだかります。

 

 

 

 

 

もし、あなたの心に少しでも不安があるなら、

 

 

 

 

 

遺されたご家族が揉めないための準備を、今すぐ進めてください。

 

 

 

 

 

 

そして、その時は、信頼できる専門家に相談して、

 

 

 

 

 

どのような選択肢があるのかアドバイスを受けるようにしてください。

 

 

 

 

 

悩みに共通点があるように、解決策にも共通点があります。

 

 

 

 

 

 

1人で抱え込まずに、ぜひ相談してください。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

学生である子供への役員報酬学生である子供への役員報酬、リスクがありますよ?前のページ

美容室の開業前に、十分な自己資金を準備しましょう次のページ美容室の開業と自己資金

関連記事

  1. 納期の特例
  2. 美容室と社会保険と資産設計と
  3. 有給休暇の義務化
  4. 雇用保険の手続き
  5. 美容室のフリーランスと年末調整
  6. マイホームと消費税

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP