住宅ローン控除

税金・社会保険のこと

平成30年中にマイホームを買ったオーナーさん、住宅ローン控除の書類を年内に集めておいてください。

 

 

税理士の山本です

 

 

 

 

平成30年中にマイホームをご購入なさったオーナーさんは、

 

 

 

 

今後10年間、住宅ローン控除を受けることができます。

 

 

 

 

住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んで家やマンションを購入すると、

 

 

 

 

「年末のローン残高の1%の所得税が、今後10年間軽減される。」

 

 

 

 

 

という優遇制度です。

 

 

 

 

※年末のローン残高が3,000万円として、この1%が30万円。

 

 

 

10年分ですので、300万円の節税になるというイメージです。

 

 

 

 

 

このように、非常に優遇された住宅ローン控除ですが、

 

 

 

 

確定申告で申請する初年度だけは、次の書類を準備する必要があります。

 

 

 

1.準備する書類は

 

 

①「源泉徴収票」

 

 

法人オーナーさんであれば、年末調整後(12月~翌1月)に税理士から渡されます。

 

 

 

 

②「住宅ローン年末残高証明書」

 

 

住宅ローンを組んだ銀行から毎年、11~12月に送られてきます。

 

 

※銀行によっては、依頼しないと送らない場合もありますので、ご確認ください

 

 

 

 

③「土地・建物の登記事項証明書」

 

 

最寄りの法務局の窓口で取得するか、ホームページ経由で郵送を申し込むことで取得なさってください。

 

 

 

 

④「土地・建物の売買契約書」

 

 

 

建売住宅を購入なさったような場合、これが必要となります。

 

 

売買契約書は、物件の購入時に売主から渡されますが、

 

 

もし紛失した方は、不動産会社さんにご連絡して、再取得なさってください。

 

 

 

 

⑤「工事請負契約書」

 

 

注文住宅を新築した方、あるいは中古を買ってリノベーションした方は、

 

 

工事の請負契約をむすぶ際に、工務店やリノベ会社から請負契約書が渡されます。

 

 

紛失した方は、ハウスメーカー・工務店・リノベ会社に連絡して、再取得なさってください。

 

 

 

※建売の場合は、必要ありません

 

 

 

2.まとめに

 

 

 

確定申告期限ギリギリになって用意すると、

 

 

 

 

「あれっ、あの書類どこだっけな?」

 

 

 

 

と焦ってしまうようなケースも少なくありません。

 

 

 

 

美容業・理容業のオーナーの皆さまであれば、

 

 

 

 

12月の繁忙期はそれどころではないという方も多いと思いますが、

 

 

 

できるだけ年内に確定申告のための書類は準備しておいてください。

 

 

 

 

※遅くとも来年の1月末までにお願いします

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の決算書・試算表決算書・試算表は、役に立たない(そのままでは)前のページ

美容室専門の社労士さんもいる次のページ美容室専門の社労士

関連記事

  1. 雇用保険の手続き
  2. 相続と遺産分割協議
  3. 賞与支払届
  4. 美容室と軽減税率
  5. 軽減税率対策補助金
  6. 節税はほどほどに

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP