美容室と食事代と経費

税務調査がくる前に

食事代は、経費になるんでしょうか?【開業直後のよくあるご質問】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

開業なさったばかりの方が、経理で迷われるポイントの1つが、

 

 

 

 

 

「何が経費になるのかわかりません。。。」

 

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

よく「経費になる」「経費で落とせる」といった表現をしますが、

 

 

 

 

 

経費になるかならないかは、「事業のために使った支出かどうか」で判断されます。

 

 

 

 

 

たとえば、美容材料については、

 

 

 

 

 

それがなければお客様にサービスを提供できませんので、

 

 

 

 

「事業のために使った支出」ですので経費になります。

 

 

 

 

一方、

 

 

 

 

 

オーナーさんたちが、よく経費にできるか迷われる支出の代表格が、

 

 

 

 

「食事代」です。

 

 

 

 

①まず、「オーナーさんの通常の食事代(プライベート)」は、経費にはなりません。

 

 

 

 

なぜなら、通常の飲食代は、お店を経営してなくてもかかるお金だからです。

 

 

 

 

 

したがって、ご家庭での家族の食卓に出される料理の食材代や、

 

 

 

 

ご家族で外食に行ったときの食事代は、

 

 

 

 

「事業のために使った支出」ではないので、経費にできません。

 

 

 

 

 

②一方、仕事に関係のある方との打ち合わせや接待のための食事代であれば、

 

 

 

 

 

経費に入れることができます。

 

 

 

 

ビジネスを目的としていて、お店を経営しているからこそかかるお金だからですね。

 

 

 

 

食事代は、税務調査においてもチェックされやすい項目だからこそ、

 

 

 

 

 

①プライベートなのか②仕事なのか、

 

 

 

 

 

キチンと区分したうえで経費に入れるようにしてください。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の多店舗展開と銀行評価決算書は、未来を考えて作りましょう【融資が受けやすくなります】前のページ

業種を超えたご縁を大切に次のページ美容室のご縁を大切に

関連記事

  1. 美容室の税務調査
  2. 税理士と調査
  3. 税務調査は突然に
  4. 美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】
  5. 美容室の税務調査
  6. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP