美容室の多店舗展開と銀行評価

美容室・理容室を開業するあなたへ

決算書は、未来を考えて作りましょう【融資が受けやすくなります】

 

 

メガネです。

 

 

 

「決算書を開業1年目から作って、

 

未来の借入に備えて、銀行評価を上げておいてください。」

 

 

 

ぜひ、知っておいてください。

 

 

 

 

決算書は、未来を考えて作らないと損をします。

 

 

 

 

個人事業主でも、会社であっても、1年が終わると「決算」を行います。

 

 

 

 

 

この時作るのが、「決算書」です。

 

 

 

 

 

過去1年間のあなたの経営成績を数字でまとめたもの、学校における通知表です。

 

 

 

 

 

過去1年間の数字をまとめたものですから、誰が作っても同じだと思われるかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、実は、そうではないという事実があまり知られていません。

 

 

 

 

 

決算書は、作る人の力量によって、全く別の作品になります。

 

 

 

 

なぜなら、ルールに沿った決算書をつくるには、専門知識が必要であり、

 

 

 

 

また、銀行ウケの良い決算書も、銀行評価を上げるポイントがわかっていないと作れません。

 

 

 

 

中小企業にとって、決算書を見せなければいけない人の2トップが、

 

 

 

①税務署

 

 

②銀行

 

 

 

この2者です。

 

 

 

 

オーナー夫婦だけが経営しているようなお店であれば、決算書を見せるのは、

 

 

 

 

ほぼ、①税務署だけです。

 

 

 

 

その場合、もしご自身で決算書を作っていて、多少正確性に欠ける決算書であっても、

 

 

 

 

納税さえキチンと行っていれば、税務署から何か言われることはありません。

 

むしろ、多めに税金を払っているでしょうから、税務署はうれしいでしょう。

 

 

 

 

しかし、もう1者

 

 

 

②銀行に対しても見せなければいけないタイミングが来ます。

 

 

 

 

それが「融資の申込」のタイミング

 

 

 

 

銀行は、融資の審査のために「過去の決算書をみせてください」と必ず言ってきます。

 

 

 

 

その時、もし正確性に欠ける決算書を提出したら、

 

 

 

 

あなたの銀行評価はすこぶる悪いものになります。

 

 

 

「この決算書じゃ、本当の経営成績がわからないから、希望額通りの融資なんてとてもできないな。。。」

 

 

 

 

銀行の融資担当者にこう判断され、最悪のケース、2号店出店の資金が調達できないなんてことになります。

 

 

 

 

2号店、3号店と、多店舗展開を目指す過程において、

 

 

 

 

 

銀行から上手に融資を受けれるかどうかは、大切なポイントとなります。

 

 

 

 

そのため、開業1年目に、とりあえずで決算書を作ってしまうと、

 

 

 

 

 

あなたの未来(多店舗展開の計画)に甚大な影響がでる可能性があります。

 

 

 

 

あなたが多店舗化を目指すのであれば、

 

 

 

 

キチンとした決算書を開業1年目から作って、

 

 

 

 

未来の借入に備えて、銀行評価を上げておいてください。

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

※Facebookの友達申請は、気軽にどうぞ^^

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と多店舗展開多店舗化を目指すなら、2店舗目が「最初の壁」になります前のページ

食事代は、経費になるんでしょうか?【開業直後のよくあるご質問】次のページ美容室と食事代と経費

関連記事

  1. 美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】
  2. シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】
  3. 消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】
  4. 面貸し(ミラーレンタル)で働く美容師さん、急いで届出ださないとすげえ損しますよ?
  5. 美容室の開業
  6. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】

最近の記事

  1. 理美容室の賞与
  2. 家賃支援
  3. テナント支援
  4. 最低賃金
  5. 実質無利息
  6. 東金市の理美容室
  7. 山武市・美容室
  8. 八潮市の理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP