美容室と税務調査

税務調査がくる前に

美容室の申告モレと残高証明書

 

 

すっかり秋ですね、

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

決算の時、税理士に

 

 

 

 

 

「銀行の残高証明書を取得していただけませんか?」

 

 

 

 

 

と言われることがあると思います。

 

 

 

 

 

 

「なんで、面倒だな。

 

預金通帳の写しで足りるでしょ?

 

手数料もかかるよ。」

 

 

 

 

 

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

 

 

実は、残高証明書がなくても、

 

 

 

 

決算書の作成・提出には、何の問題もありません。

 

 

 

 

 

では、なぜ残高証明書を用意していただくかと言うと、

 

 

 

 

 

①「申告モレを防ぐため。」

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

②「申告モレにより、税務署のチェックが厳しくなるのを防ぐため。」

 

 

 

 

 

これが理由です。

 

 

 

 

1.通帳を増やすタイミング

 

 

美容室の新規出店の時によくあるのですが、

 

 

 

 

 

資金管理用に、新しい通帳を作ることがあります。

 

 

 

 

 

多店舗展開を進めるオーナーさんの場合、

 

 

 

 

 

取引する銀行の数も、通帳の数も、

 

 

 

 

 

どうしても増やさざるを得ません。

 

 

 

 

 

そうすると、

 

 

 

 

 

「新しい口座を作ったんだけど、

 

うっかり、税理士に伝えるのを忘れていた。」

 

 

 

 

 

こんなこともあったりします。

 

 

 

 

 

残高が1円の通帳でも、

 

 

 

 

 

帳簿には、計上する必要があります。

 

 

 

 

 

では、帳簿に載っていない通帳の存在が明らかになったら、

 

 

 

 

 

税務署がどう思うか。

 

 

 

 

 

税務署としては、

 

 

 

 

 

「売上を抜いて隠すために、この口座を作ったんじゃないの?」

 

 

 

 

 

と疑うことになります。

 

 

 

 

 

こちらがうっかり計上を忘れていたとしても、

 

 

 

 

 

わざと帳簿に計上していなかった、と疑われはじめます。

 

 

 

 

 

もちろん、そういう疑いのある納税者だと認識されたら、

 

 

 

 

 

以後の税務調査が厳しくなっていくのは、

 

 

 

 

 

言うまでもありません。

 

 

 

2.だからこそ

 

 

 

多店舗展開が進んできたら、

 

 

 

 

 

決算の時に、残高証明書を取得することをオススメします。

 

 

 

 

 

転ばぬ先の杖として。

 

 

 

 

 

税務調査対策の1つとして、知っておいてください。

 

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

千葉駅で外国人の男の子2人が追いかけっこしていて、

 

 

 

ヘ~イ、ニック!ニーーーック!

 

 

 

エヌ、アイ、シー、ケー!ニック!

 

 

 

と叫んでいるのを見て、

 

 

 

「千葉ってなかなかグローバルだな」と思いました。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室とふるさと納税美容室とふるさと納税前のページ

ブログを書き始めて、1年が経った次のページ美容室理容室専門の税理士、山本佳

関連記事

  1. 税務調査に際して
  2. 美容室と社員旅行
  3. 美容室の税務調査
  4. 税務調査対策
  5. 美容室とテナントの固定資産税
  6. 美容室の税務調査

最近の記事

  1. 最低賃金
  2. 実質無利息
  3. 東金市の理美容室
  4. 山武市・美容室
  5. 八潮市の理美容室
  6. 国保の減免
  7. 千葉市の理美容業
  8. 固定費の管理

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP