「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】

税務調査がくる前に

「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

サロンで面貸しをしていると、税務調査の時に、必ずチェックされる点があります。

 

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

 

「『面貸し(ミラーレンタル)』でサロンで働いている美容師さんは、

 

本当は、外注さんではなく従業員じゃないの?」

 

 

 

 

 

という点です。

 

 

 

 

 

税務署に、面貸ししている美容師さんが従業員であると認定されると、

 

 

 

 

 

サロンのオーナーさんは、①所得税、②消費税のダブルパンチで税金を支払わなければならなくなります。

 

 

 

 

 

今日は、そのリスクについてお話ししたいと思います。

 

 

1.「所得税」のパンチ

 

 

「外注」・・・源泉徴収の義務はありません×

 

 

「給与」・・・源泉徴収の義務があります〇

 

 

 

 

 

もし、外注ではなく給与だと言われたらどうなるか?

 

 

 

 

 

面貸しした美容師さんの報酬のうち、

 

 

 

 

 

サロンが本来、所得税の源泉徴収をしなければならなかった金額を、

 

 

 

 

過去3年分追加で払ってくださいということになります。

 

 

 

 

 

年間360万円払っていたら、1年で30万円前後、3年分だと100万円近い金額を払えということです。

 

 

 

 

とんでもないですね。

 

2.「消費税」のパンチ

 

 

「外注」・・・消費税の計算で引けます〇

 

 

「給与」・・・消費税の計算で引けません×

 

 

 

給与は、消費税の課税対象にならないため、

 

 

 

 

サロン側は、消費税の計算で仕入税額控除を受けることができません。

 

 

 

 

 

一方、外注(報酬)は、事業に該当するため消費税の課税対象となります。

 

 

 

 

 

そのため、サロン側は、消費税の計算で仕入税額控除を受けることができます。

 

 

 

 

 

年間360万円払っていたら、そこに含まれる消費税は27万円くらいです。

 

 

 

 

 

その3年分なので、80万円以上の金額を払えということになります。

 

 

 

 

 

とんでもないですね。

 

 

 

 

このように、「所得税と消費税を合わせて、一括で180万円支払いなさいよ」

 

 

 

と税務署に言われるリスクがあります。

 

 

 

 

所得税と消費税のダブルパンチです。

 

 

 

 

 

しかも、面貸ししている美容師さんが増えたら、

 

 

 

 

もちろんこの税金は、人数に応じて倍になります。

 

 

 

 

恐ろしい話ですよ。

 

 

 

 

 

税務署としても、これだけの税金が徴収できるので、

 

 

 

 

 

税務調査において「給与」なのか「外注」なのかという点は、よく問題になります。

 

 

 

 

 

では、どうやって面貸ししている美容師さんが「外注さん」であるということを証明すればいいでしょうか?

 

 

 

 

 

実は、その5つの判断基準を国税庁は公表してくれています。

 

 

 

 

次回の記事では、その基準をお話ししたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

「銀行借入の返済期間」と「お店のリニューアル」は、重要な関係性があることを知っていますか?「銀行借入の返済期間」と「お店のリニューアル」は、重要な関係性があることを知っていますか?前のページ

「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】次のページ「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】

関連記事

  1. お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【飲食店・美容室のオーナーさんへ】
  2. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!
  3. 美容室の税務調査
  4. 美容室と食事代と経費
  5. 理美容業とお年玉
  6. 税務調査と税理士

最近の記事

  1. 美容室とPCR検査
  2. キャリアアップ助成金
  3. 社会保険料と美容室・理容室
  4. 美容室・出店
  5. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  6. 美容室と理容室の確定申告
  7. 美容師・理容師と失業給付
  8. 美容室・理容室と一時支援金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP