格安・低料金の税理士・会計事務所の罠

税理士のこと

格安・低料金の税理士・会計事務所の罠

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

格安には、必ず理由があります。

 

 

 

 

QBハウスしかり、税理士業界も同じことが言えます。

 

 

 

 

もし、あなたが「格安・低料金」の税理士と契約しているのだとしたら、

 

 

 

 

低品質のサービスを選んでいる。

 

 

 

 

ということは、知っておいてください。

 

 

 

 

この事実は、あまり知られていないので、

 

 

 

 

その裏側を、税理士目線でお伝えしたいと思います。

 

 

 

1.「格安・低料金」の税理士の裏側

 

 

「格安・低料金」の税理士。

 

 

 

 

実はこれ、

 

 

 

 

「帳簿と申告書の作成以外、何もしません。」

 

 

 

「丁寧に相談に応じる気もありませんよ。」

 

 

 

「低品質で、仕事をさせてもらいます。」

 

 

 

 

こう言っているのと同じです。

 

 

 

 

極端な言い方をすると、

 

 

 

 

「ほとんど何もしてくれないのに、お金だけ払っている状態。」

 

 

 

 

それが、「格安・低料金」の税理士の実態です。

 

 

 

 

結構そういう税理士も多いので、

 

 

 

 

言ってて悲しくなりますが。

 

 

 

 

税理士も、労働集約型のビジネスモデルですので、

 

 

 

 

経費のほとんどが人件費です。

 

 

 

 

なので、「格安・低価格」にするために、どうしているか。

 

 

 

 

①品質を下げる

 

 

②時間を減らす

 

 

 

 

このどちらか、又は、両方を行っています。

 

 

 

2.品質を下げる

 

 

資格者である税理士は、人件費が高いので、

 

 

 

 

人件費の低い無資格職員を、担当にするということです。

 

 

 

 

経営の観点から言えば、

 

 

 

 

人件費の低い職員を上手く使っている事務所は、

 

 

 

 

ある意味「商売上手」とも言えます。

 

 

 

 

「格安・低価格」の税理士事務所の無資格職員は、

 

 

 

 

残念ながら、「知識」か「経験」のどちらか、

 

 

 

 

または、両方が乏しいことが多いので、

 

 

 

 

決算書や試算表の作りこみが粗いです。

 

 

 

 

税務調査の対策も満足にできません。

 

 

 

 

銀行評価を考えた行動がとれるわけでもありません。

 

 

 

 

また税金が高くなろうとも、

 

 

 

 

お客様に伝わりにくいことも多く、そんなことはお構いなしの人すらいます。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

低品質のサービスを受けているということ。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

第三者から見て、あなたのお店の決算書は、信頼性が低いということです。

 

 

 

3.時間を減らす

 

 

「格安・低価格」の税理士の裏側。

 

 

 

 

2つ目は、「時間を減らす」。

 

 

 

 

お客様からのご相談に対して、

 

 

 

 

「レスポンスが遅い。」

 

 

 

「時間をかけない。」

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

資格者である税理士は、人件費が高いです。

 

 

 

 

そのため、「格安・低料金」にも関わらず、

 

 

 

 

お客様からのご相談に早く回答したり、

 

 

 

 

丁寧に乗っていたら採算が合いません。

 

 

 

 

だから、レスポンスも遅くなりがちですし、

 

 

 

 

いつでも気軽に相談できない、

 

 

 

 

気軽に会えないという状況に繋がります。

 

 

 

4.まとめ

 

 

格安には、必ず理由があります。

 

 

 

 

あなたが税理士に1番求めているものが、

 

 

 

 

「顧問料の安さ」であるならば、

 

 

 

 

「格安・低料金」を謳う税理士は、最善の選択になるかもしれません。

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

多店舗展開など、事業拡大をお望みなら、

 

 

 

 

信頼性の高い決算書は、強い武器になりますので、

 

 

 

 

「格安・低料金」を謳う税理士は、避けていただいたほうがよろしいかと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容業と現預金残高現預金残高を、平均月商の2ヵ月分以上維持し続ける前のページ

「社長」から「経営者」になれるかどうかが、運命の分かれ道次のページ社長と経営者

関連記事

  1. 税理士と学生さんと

    税理士のこと

    インターンの学生さんへ

    台風の風で吹き飛ばされそうな、…

  2. 美容室とSC
  3. サロンマガジン
  4. 保険と税理士
  5. 人材不足
  6. ずさんな決算書、試算表

    税理士のこと

    ずさんな決算書、試算表

    税理士の山本です。&n…

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP