美容業と現預金残高

銀行・融資・財務のこと

現預金残高を、平均月商の2ヵ月分以上維持し続ける

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「現預金残高は、どれくら確保しておいたほうがいいでしょうか?」

 

 

 

 

お客様から、よくこのご質問をいただきます。

 

 

 

 

財務的な視点から、どれくらいの現預金残高があればいいかというと、

 

 

 

 

「お店の平均月商の2ヶ月分以上」

 

 

 

 

この数字が、1つの目安となります。

 

 

 

 

もちろんそれより多ければ多いに越したことはありません。

 

 

 

※現金取引がメインである美容業であっても、

 

 

 

クレジットやキャッシュレス取引が増えている現状を踏まえたら、

 

 

 

やはり2か月分は用意しておきたいところです。

 

 

 

1.いざという時のために

 

 

基本的には、現預金残高が多ければ多いほど、お店は潰れにくくなります。

 

 

 

 

財務力があるお店というのは、言いかえれば、

 

 

 

 

「現預金残高が多いお店」とも言えるからです。

 

 

 

 

でも、実際はいつ何が起こるかは誰にも分からない。

 

 

 

 

だからこそ、不測の事態が起きた時に柔軟に対応できるように、

 

 

 

 

ある程度余裕をもった現預金残高を用意しておく必要があります。

 

 

 

 

プライベートの家計でも、

 

 

 

 

いつまとまったお金が必要になるかわからないから貯金しますよね。

 

 

 

 

そういう意味では、個人も法人も同じ考えになります。

 

 

 

2.まとめに

 

 

お店が存続し続ける、倒産しないために、

 

 

 

 

財務上、最も重要な数字が「現預金残高」です。

 

 

 

 

いつ、何があるかわかりません。

 

 

 

 

今、あなたの通帳に、月商の2か月分以上の残高がないとしたら、

 

 

 

運転資金の借入などにより、現預金残高の確保をご検討ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容業の会社の目的美容室を法人成りするなら「会社の目的」に注意してください前のページ

格安・低料金の税理士・会計事務所の罠次のページ格安・低料金の税理士・会計事務所の罠

関連記事

  1. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その①「融資の受けやすさの違い」
  2. 運転資金と美容室
  3. 銀行の審査でチェックされる書類「運転免許証と通帳」の裏話
  4. 銀行との関係性
  5. 日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?
  6. 美容室と見た目

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP