税理士の意見を鵜呑みにしない

税理士のこと

税理士の意見を鵜呑みにしてはダメです

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

セカンドオピニオンでご相談いただくと、

 

 

 

 

 

「節税したいのに、うちの税理士が、それはダメだっていうんですよ」

 

 

 

 

 

と嘆いているオーナーさんが非常に多いなと、

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

 

 

非常勤役員の報酬は、固い税理士さんだと月額5万円以下でしょうし、

 

 

 

 

 

全く認めないという税理士もいます。

 

 

 

 

 

しかし、そういう税理士は、

 

 

 

 

 

「税法上経費として認められる額」

 

 

 

 

 

の目安を言っているだけで、

 

 

 

 

 

実際は、成果に照らして適正であれば、いくらでも良いわけです。

 

 

 

 

 

非常勤役員であっても、

 

 

 

 

 

名前を連ねるだけで大きな貢献している役員も、現実にはいます。

 

 

 

 

 

※稲盛和夫さん、松下幸之助さんのような方が、

 

 

 

あなたの会社の非常勤役員となって経営のアドバイスをしてくださるなら、

 

 

 

年間1,000万円の役員報酬でも安いと感じますよね。

 

 

 

 

 

その方の役員報酬が、どのくらいが適正か。

 

 

 

 

 

こんなの誰にもわかりません。

 

 

 

 

 

もちろん、税理士が決めることじゃないです。

 

 

 

 

 

税理士は、税務・会計・財務の専門家ではありますが、

 

 

 

 

 

経営の専門家ではありません。

 

 

 

 

 

経営の意思決定そのものは、

 

 

 

 

 

あくまで経営者であるオーナーさんの思う通りにすべきです。

 

 

 

 

 

税理士の意見を鵜呑みにしないように、どうぞご注意ください。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

自己資本を増やす多店舗化を進めるオーナーさんは、「利益を出して、税金を払ってでも、自己資本を増やし続けている。」前のページ

メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する次のページメガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する

関連記事

  1. 専門家の使い方

    税理士のこと

    専門家の使い方

    夏の海が誰よりも似合わない、…

  2. 美容業と流動比率
  3. ふるさと納税、美容師

    税理士のこと

    ふるさと納税がオススメです。

    住民税の納付書が届きはじめ…

  4. 美容室の決算月
  5. 美容業の特殊性と税理士
  6. 高齢な税理士

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP