開業と減給

美容室・理容室を開業するあなたへ

独立することを伝えたら、給料を減らされた?

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

美容室を開業なさるために、勤務しているお店のオーナーさんに独立することを伝えると、

 

 

 

トラブルが起きることは少なくありません。

 

 

 

よくあるのが、独立を伝えたとたん、

 

 

 

「役職手当・技術手当などカットされた。」

 

「給与を〇%カットされた。」

 

「歩合率を下げられた。」

 

 

 

というように減給されるケースです。

 

 

 

給与を大幅に減らされてしまい、減らされた給与では生活が厳しく、

 

 

 

今まで貯めてきた自己資金に手をつけなければならなくなってしまった。

 

 

 

ということも実際にあります。

 

 

 

店長の役職を降ろすこと自体は、法律上問題はありませんし、

 

 

 

役職がなくなった以上、役職手当が無くなるのはやむを得ませんが、

 

 

 

問題は、役職以外の手当です。

 

 

 

一定の技術・業務をすることで支給されることになっている手当を、

 

 

 

退社を理由になくしてしまう事は法律上問題となります。

 

 

 

また、こういったケースでは、減給を問題視する以上に、

 

 

 

減給によって生活が出来なくなってしまい、

 

 

 

予定していた退社時期よりも、早期に退社せざるを得ないということが問題になったりします。

 

 

 

開業のご相談をいただいた時にお伝えすることの1つではありますが、

 

 

 

現オーナーさんとの関係性を良好に保てるよう、引継ぎ・退社時期・担当しているお客様へのご連絡など、

 

 

 

できる限り大人の対応をする事が大切です。とお伝えさせていただいています。

 

 

 

1番大切なのは、あなたの美容室の開業を成功させること。

 

 

 

私は、オーナーさんのお考え、独立する方のお考えの両方を聞く立場ではありますので、

 

 

 

できるかぎり円滑に話がまとまることを願ってやみません。

 

 

 

 

もちろん、世の中綺麗事だけでは回っていきませんので、

 

 

 

どうしてもオーナーさんとの関係がこじれてしまい、ケンカ別れになることもあるでしょう。

 

 

 

道徳的・倫理的にどうかな?と思うことをされることもあるかもしれませんので、

 

 

 

法律上問題になる事があれば、然るべき対応をしてきましょう。

 

 

 

開業でお困りの事がありましたら、いつでもご相談ください。

 

 

 

緒に解決策を考えていきましょう。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

面談と通帳通帳について、融資の時に銀行からよくされる5つのお願い【これから開業なさるオーナー様へ】前のページ

「この人、数字に弱い?」と銀行に思われないために、知っておきたい4つの数字次のページ美容室と数字

関連記事

  1. 美容室の家賃
  2. 【美容室の開業資金】自分で貯金したお金が0で、親族援助のみで融資を受けることはできる?
  3. 追加の運転資金
  4. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その②「融資の受けやすさ」】
  5. 美容師さんと独立
  6. 理美容室・開業

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP