美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」

 

 

前回は、「小口現金」を置かないメリットについてお話しさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

今回は、第2弾として、「レジ現金」の管理方法についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

「小口現金」を置かないことにしてしまえば、残るは「レジ現金」の管理だけです。

 

 

 

 

 

「レジ現金」の管理のポイントは2つ。

 

 

 

①「レジ現金の動きをシンプルにする」

 

 

 

 

 

②「レジ現金の金額を、毎日固定する」

 

 

 

 

 

この2つです。

 

①「レジ現金の動きをシンプルにする」

 

 

ず、①「レジ現金の動きをシンプルにする。」

 

 

 

 

レジ現金の動きを、1番シンプルにすると、

 

 

 

「お客様から売上代金を頂く・お釣りを払う・売上代金を預金口座に入金する。」

 

 

 

 

この3つに集約されます。理想はこの形です。

 

 

 

 

 

つまり、「レジ現金 = その日の売上」とわかるようにする必要があります。

 

 

 

 

 

ところが、

 

 

 

 

 

・「レジ現金」を使って、ちょっとした消耗品の買い物をする

 

 

 

 

 

・「レジ現金」をオーナーさんのプライベートの支出に使う

 

 

 

 

 

ということをやり出すと、レジ現金の動きがわかりにくくなります。

 

 

 

 

 

オーナーさんは、いつもお店にいれるわけではありません。

 

 

 

 

 

お店が2店舗以上となり、全てのお店でこのようにレジ現金を使われると、

 

 

 

 

 

現金管理が全くできなくなります。

 

 

 

 

 

 *極端に言うと、スタッフによる不正が横行します。

 

 

 

 

 

だからこそ、①「レジ現金の動きをシンプルにする」

 

 

 

 

 

これが大事になってきます。

 

 

②「レジ現金の金額を、毎日固定する」

 

 

そして、その上で、②「レジ現金の金額を、毎日固定する」

 

 

 

 

 

これが効いてきます。

 

 

 

 

 

これも簡単な話で、

 

 

 

 

 

「始業時にレジに現金をいくら入れておく」

 

 

 

 

 

これを決めておくということです。

 

 

 

 

 

 

流れはこんな感じです。

 

 

 

 

 

①始業時に、レジに10万円入れておくと決めた。

 

 

 

②今日の売上は、7万円だ(閉店後、レジには17万円の現金がある)。

 

 

 

③じゃあ、明日の朝、7万円を預金口座に入金しよう。

 

 

 

④明日の始業時のレジ現金は、10万円だ。

 

 

 

 

このサイクルをくり返します。

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

「お客様から頂いた売上を預金口座に入金して、レジ現金の金額をいつも一定に保ちましょう」

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

お釣りの支払いがあるため、どうしても0円にはできませんが、

 

 

 

 

だいたい3~10万円などの範囲で金額を決めて、

 

 

 

 

 

毎日、始業時にはレジ現金が固定金額となるように、差額を預金口座に入金しに行く。

 

 

 

 

 

となさっている方が多いです。

 

 

 

 

以上2つのポイント

 

 

 

①「レジ現金の動きをシンプルにする」

 

 

 

②「レジ現金の金額を、毎日固定する」

 

 

 

 

 

このようにレジ現金の管理を徹底して、不正を防いでいきましょう。

 

 

 

 

「うちに限ってそんなことはない」

 

 

 

 

 

スタッフさんを信用したいというオーナーさんの気持ちはわかります。

 

 

 

 

 

わかりますが、不正のリスクにはしっかりと向き合う必要があります。

 

 

 

 

 

もし、対策をしないまま放置しておけば、

 

 

 

 

「万が一」のときに大打撃を受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

オーナーさんが必死に働いて積み上げた利益も、不正があると一瞬で消し飛びます。

 

 

 

 

 

 

そんなの悲しすぎます。

 

 

 

 

 

どうか、万が一のために、ご自身のお金を守る対策を講じておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室・理容室の現金管理の方法、その①「小口現金はいりません」美容室の現金管理の方法、その①「小口現金はいりません」前のページ

自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室開業時の新創業融資】次のページ自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】

関連記事

  1. 美容室と青色申告
  2. 美容室の開業と信用情報
  3. 消費者金融
  4. 開業と減給
  5. 物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その①「給排水設備」
  6. 地方自治体による「制度融資」の内容【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP