面談と通帳

美容室・理容室を開業するあなたへ

通帳について、融資の時に銀行からよくされる5つのお願い【これから開業なさるオーナー様へ】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「公庫は、通帳を見てなにを確認しているんですか?」

 

 

 

公庫へ創業融資を申し込まれるオーナー様から、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

創業融資を受けるときなどは、銀行から「預金通帳を持ってきてください。」と言われることがありますが、

 

 

 

その1番の目的は、「自己資金」の存在を確認するためです。

 

 

 

ですが、ただ通帳を持っていけばOKというわけではなく、

 

 

 

次のようなお願いをされることがあります。

 

 

 

①通帳の原本を持ってきてください

 

②最近6か月分以上持ってきてください

 

③普段の支払いに使っている通帳も持ってきてください

 

④記帳をしてきてください

 

⑤ネット銀行は取引明細を印刷して持ってきてください

 

 

 

銀行がそんなことを言う「意図」を理解しておくと、よりスムーズに対応もできます。

 

 

 

というわけで本日は、このよくある5つのお願いの意図をお伝えさせていただきます。

 

 

 

①通帳の原本を持ってきてください

 

 

 

通帳は「原本」が基本です。

 

 

 

偽装・改ざんが少なくないという現状があり、銀行は原本で確認をするようにしています。

 

 

 

原本に直接は難しくても、コピーをする段階でなんらかの偽装・改ざんであれば比較的やりやすいということです(もちろんやらないでください)。

 

 

 

ex.数字を一桁つけ足すとか。表紙や1ページめ(名義や口座番号などが書いてある)はじぶんの通帳で、それ以降のページは他人の通帳にするとか

 

 

 

そういうこともあり、銀行は、持参してもらった通帳の原本を確認することを原則としています。

 

 

 

②最近6か月分以上持ってきてください

 

 

また、よく「最近6か月分以上の取引がわかる通帳を持ってきてください」と言われます。

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

確かに、現在の預金残高であれば、通帳の最後の部分だけを見ればわかりますが、

 

 

 

中には、残高=自己資金とは限らない人がいるからです。

 

 

 

たとえば現在の残高が300万円だとしても、ご家族・ご友人に頼んで借りた300万円かもしれません。

 

 

 

だとしたら、それを自己資金とは言えないですよね。

 

 

 

こういうこともあり、銀行は、過去6か月分以上前から、

 

 

 

本当に自己資金(誰かに返さなくてもよいお金)かどうかを確認しています。

 

 

 

③普段の支払いに使っている通帳も持ってきてください

 

 

また、自己資金としてのおカネがある通帳だけではなく、

 

 

 

「普段の支払いに使っている通帳も持ってきてください。」と言われます。

 

 

 

これは、家賃、水道光熱費、住宅ローン、税金などの日々の支払に遅延がないかどうかを確認するためです。

 

 

 

結果、遅延があれば、融資を受けることは難しくなります。

 

 

 

「遅れたりするのはお金に困っているのかな?であれば、融資をしてもプライベートの支払に使われてしまうかも。」

 

 

「そもそも、日々の支払いすら期日を守って払えない人であれば、融資の返済なんて望めないな。」

 

 

 

という評価につながるからです。

 

 

 

お金を貸す側からすれば、そういう人には貸したくありませんよね。

 

 

 

そのため、これから創業融資を受けるなどの予定があれば、

 

 

 

少なくとも最近6か月は支払いに遅延がないように気をつけましょう。

 

 

 

④記帳をしてきてください

 

 

 

また、「記帳をしてきてください」と言われます。

 

 

 

言うまでもなく、いちばん最新の情報を確認するためです。

 

 

 

ちなみに、あまり長いあいだ記帳をせずに通帳を放っておくと、

 

 

 

その間の取引合計での記帳になってしまうことがありますので、記帳はこまめに記帳なさってください。

 

(ex.1月1日~9月30日までの合計〇円、といった風に記帳されてしまい、日々の流れが通帳で証明できなくなります)

 

 

 

なお、通帳を見た銀行から、「1,000円でもいいので預入をしてから、再度、記帳した通帳をお見せください」と言われることもあります。

 

 

 

これは、本当に記帳をしていないだけなのかを確認するためです。

 

 

 

たとえば、通帳には、300万円の残高が掲載されてるけれど、

 

 

 

実は記帳をせずに300万円を使ってしまっているケースがあるわけです。

 

 

 

本当はない300万円を自己資金としてウソをつかれてはたまらないので、

 

 

 

銀行は「預入・記帳をさせる」ことで確認をします。

 

 

 

したがって、取引がない期間があまり長いようだと、

 

 

 

そんなふうに言われることもあるのだな、と覚えておいてください。

 

 

 

⑤ネット銀行は、取引明細を印刷して持ってきてください

 

 

 

ネット銀行などの場合には、通帳自体が無いということもありますよね。

 

 

 

その場合は、「ネットから取引明細を印刷して持ってきてください。」と言われます。

 

 

 

これを通帳の代わりにチェックしますということですね。

 

 

 

ちなみに取引明細については、CSV形式でダウンロードできるケースもありますが。

 

 

 

この形での印刷・持参はやめておきましょう。

 

 

 

なぜなら、CSVはデータの加工が容易だからです。ゆえに、偽装・改ざんをイメージさせます。

 

 

 

ムダに悪いイメージを持たれることがないように、取引明細は「PDF形式」あるいは「画面のコピー」で印刷・持参をしましょう。

 

 

 

それでも偽装・改ざんの可能性はありますから、その場でログインさせて、印刷した取引明細の内容が本当かを確認する銀行もあります。

 

 

 

なかなかたいへんだなぁ、と思うこともありますが、銀行の意図を理解して協力するようにしましょう。

 

 

まとめに

 

 

 

通帳に関して銀行からよくお願いがあるのは、以上5点です。

 

 

 

「なんで銀行はそんなこと言うの?」と疑問に感じることがあるかと思いますが、

 

 

 

前もって銀行側の「意図」を押さえておきましょう。

 

 

 

よりスムーズな対応ができるようになるはずです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と自己資本比率自己資本比率にこだわり過ぎて陥る罠前のページ

独立することを伝えたら、給料を減らされた?次のページ開業と減給

関連記事

  1. 美容室と現金商売
  2. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)
  3. 女性と軽自動車、立地調査
  4. 低価格サロン
  5. 美容師さんと独立
  6. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

最近の記事

  1. 女性美容師さんの独立
  2. 美容室とPCR検査
  3. キャリアアップ助成金
  4. 社会保険料と美容室・理容室
  5. 美容室・出店
  6. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  7. 美容室と理容室の確定申告
  8. 美容師・理容師と失業給付

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP