美容室の開業融資

美容室・理容室を開業するあなたへ

来年の春に美容室開業をお考えのオーナー様は、今が融資の借り時です!

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

先日、ある地方銀行の担当さんとお話をしたのですが、

 

 

 

年末年始の金融機関は、駆け込みの融資申込が殺到するそうです。

 

 

 

ちなみに、これは民間銀行も公庫も同じ。

 

 

 

銀行によっては、

 

 

 

「年末までに〇件の融資を出す!」

 

「〇億円の融資を実行する!」

 

 

 

という営業目標がありますので、

 

 

 

ノルマ達成のために出来るだけ融資を出したい、という思惑があるわけです。

 

 

 

先日も、

 

 

「山本先生。今月〇件の融資を出していただきましたが、

もう少し案件ありませんか?(汗」

 

 

と催促の電話がありました(この時期は銀行さんも大変ですね、お察しします)。

 

 

 

ということで。

 

 

 

融資の出やすいこの時期だからこそ、

 

 

 

美容室の創業融資をお考えのオーナー様は、早めに動いた方が得策です。

 

 

 

特に、この時期は「来年の3月(繁忙期)にあわせて開業したいんです!」というご相談が増えますので、

 

 

 

内装工事・保健所の立会検査などのスケジュールを考えると、

 

 

 

融資はそろそろ動いておかないと3月オープンに間に合わない可能性がでてきます。

 

 

 

創業融資でお困りの方は、当事務所にお問い合わせください。

 

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の家賃家賃比率を7%(理想を言えば5%)以下に抑えられる物件かどうか前のページ

「紙」で確定申告している美容室オーナーさんは、来年の確定申告から10万ソンをする次のページ電子申告と美容師さん

関連記事

  1. 洋服代と経費、美容室と理容室
  2. 開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」
  3. 自己資金と運転資金
  4. 美容室と信用情報のチェック
  5. 面談と通帳
  6. 美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

最近の記事

  1. 女性美容師さんの独立
  2. 美容室とPCR検査
  3. キャリアアップ助成金
  4. 社会保険料と美容室・理容室
  5. 美容室・出店
  6. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  7. 美容室と理容室の確定申告
  8. 美容師・理容師と失業給付

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP