青色申告、奥さんに給与で節税

美容室・理容室を開業するあなたへ

奥さんや家族に給料をあげたら、節税になるの?(個人事業主の方限定です)

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

美容師さんから、よくこんなことを聞かれます。

 

 

 

 

 

「奥さんに給料あげたら、節税になるって聞いたんですけど本当ですか?」

 

 

 

 

 

 

特に、奥さんや家族がお店で働くことも多い、美容室の方は、気になるところですよね。

 

 

 

 

その答えは、

 

 

 

 

「節税になります、ただし、注意点が3つあります。」

 

 

 

 

 

その注意点が、次の3つ。

 

 

 

 

(1)「税務署に届出をしないとダメ」

 

 

 

 

(2)「奥さんが、ちゃんと働いていないとダメ」

 

 

 

(3)「給与の金額が高すぎるとダメ」

 

 

 

 

(1)「税務署に届出をしないとダメ」

 

 

 

 

まず、(1)「税務署に届出をしないとダメ。」

 

 

 

何を税務署に届け出るかといいますと、

 

 

 

 

「青色事業専従者給与に関する届出書」という書類です。

 

 

 

 

 

簡単に言うと、「奥さんに〇〇円の給与を払いますよ~」ということを書いた書類を

 

 

 

 

 

税務署に出すだけです。

 

 

 

 

 

これは、商工会議所や青色申告会などで、聞いたことのある人も多いかもしれませんね。

 

(2)「奥さんが、ちゃんと働いていないとダメ」

 

 

 

次に、(2)「奥さんが、ちゃんと働いていないとダメ」

 

 

 

 

 

どれくらい働いてないとだめかというと、次の2つがYESならOKです。

 

 

 

①「1年に6カ月を超える期間、働いてますか?」

 

 

 

 

②「事業に『専ら』従事していますか?」

 

 

 

 

 

つまり、「1年に6カ月を超える期間、お店に専念しててね」ってことです。

 

 

 

 

 

②は、なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

他にフルタイムの仕事があったりして、

 

 

 

 

 

お店では副業といえるレベルしか働いていなければ、認めませんよ。

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

「奥さんもスタイリストとして、バリバリ働いてます!」

 

 

 

 

 

ということなら、まずYESになりますね。

 

 

 

(3)「給与の金額が高すぎるとダメ」

 

 

 

最後に、(3)「給与の金額が高すぎるとダメ」

 

 

 

 

 

何をもって「高すぎる」のかと言われると、難しいんですけどね。

 

 

 

 

 

「もし、奥さんの仕事を他人にやらせたとしたら、いくら払うかな?」

 

 

 

 

 

と考えていただいてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

他人にやらせた時の金額より、奥さんの給与が高ければ高いほど、

 

 

 

 

 

税務署に認めてもらえない可能性も高くなると考えてください。

 

 

 

 

 

 

以上3点です。

 

 

 

 

(1)「税務署に届出をしないとダメ」

 

 

 

(2)「奥さんが、ちゃんと働いていないとダメ」

 

 

 

(3)「給与の金額が高すぎるとダメ」

 

 

 

 

 

この3つをしっかり整えていただいたら、奥さんに対する給与で節税してみてください。

 

 

 

 

 

「じゃあ、具体的にいくら払えばいいの!?」

 

 

 

 

 

と思われたあなた、素晴らしいです。

 

 

 

 

 

実は、いくら払うかが、節税になるかどうかの1番の分かれ目なんですね。

 

 

 

 

 

そのため、金額設定に失敗する前に、あなたの税理士に相談してください。

 

 

 

節税になる金額を、一緒に考えますので。

 

 

 

もちろん、私に相談してくださっても大丈夫です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

洋服代と経費、美容室と理容室洋服代は経費になりますか?美容室の方は要注意です前のページ

美容室の開業時に、有利な金融機関を知っていますか?次のページ美容室・理容室の開業時に、有利な金融機関

関連記事

  1. 美容室と白色申告
  2. 「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】
  3. 自己資金と運転資金
  4. 消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】
  5. 美容室の多店舗展開と銀行評価
  6. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP