自己資金と運転資金

美容室・理容室を開業するあなたへ

「設備資金」と「運転資金」の違い、ハッキリ言えますか?【融資のマメ知識】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

開業予定者の方から、融資のご相談時によくいただくご質問がこちら、

 

 

 

 

「設備資金と運転資金ってなんですか?」

 

 

 

 

 

なるほど、なるほど。

 

 

 

 

私も税理士やってなければ知りませんでした。

 

 

 

 

 

「サロンオープンに必要な費用(設備資金 + 運転資金) = 自己資金 + 銀行融資」

 

 

 

 

 

という計算のもとに、サロンオープンに必要な資金を調達する必要があるのですが、

 

 

 

 

 

融資申込時の創業計画書などの書類には、「設備資金」と「運転資金」の記載を求められるので、

 

 

 

 

これから開業なさる方は、ぜひこの2つの違いを把握しておいてください。

 

1.「設備資金」とは

 

 

設備資金とは、文字通りサロンの設備を購入するため、スポットで必要になる資金です。

 

 

 

 

美容室・理容室の開業でいうと、

 

 

 

 

・物件の保証金(敷金)

 

 

・店舗内外装の工事費

 

 

・美容器具(セット面・シャンプー台など)

 

 

・その他の設備(パソコン、机、ソファー、洗濯機など)

 

 

 

などなど、

 

 

 

 

サロンの美容器具を購入したり、店舗を改装したり、

 

 

 

 

机・ソファーなどの什器等を購入するための資金を設備資金いいます。

 

 

 

 

なお、銀行から設備資金の融資を受けるには、その設備に関する見積書などを必ず求められます。

 

 

2.「運転資金」とは

 

 

一方、運転資金とは、仕入先への支払、給与の支払いなど、

 

 

 

 

サロンの日常的な支払いのために必要な資金をいいます。

 

 

 

 

 

美容室・理容室の開業でいうと

 

 

 

 

・美容材料代

 

 

 

・テナント物件の家賃、礼金、仲介手数料

 

 

・広告宣伝費

 

 

・人材採用費

 

 

・リース料

 

 

 

などが該当します。

 

 

 

 

なお、運転資金は、設備資金とは違って、

 

 

 

 

 

業者さんからもらった見積書などの書面がないことがほとんどです。

 

 

 

 

 

つまり、「将来これくらいの支払いがでる予定です」と、自分で見積るのが運転資金です。

 

 

 

 

 

創業計画書などの書類には、

 

 

 

 

「運転資金を何に使いますか?」と融資担当者から質問されることに備えて、

 

 

 

 

その内容や金額について、具体的な根拠を添えて運転資金を記載していきましょう。

 

 

(銀行さんは、「金額の根拠」が大好物ですので、見せると喜びます)

 

 

3.まとめ

 

 

今回は、設備資金と運転資金の違いについて、お伝えさせていただきました。

 

 

 

 

設備資金は、スポットの支払いのため、運転資金は、日常的な支払いのため、

 

 

 

 

 

とイメージしていただけるといいかもしれません。

 

 

 

 

特に、2店舗目・3店舗目と、新店舗をオープンすることを目指される方は、

 

 

 

 

 

銀行融資が必要になるタイミングも増えていきますので、

 

 

 

 

この2つの違いをしっかり把握しておいてください。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と家賃設定美容室の家賃は、どれくらいの比率%が適切でしょうか?前のページ

田中 優勝さんとのご縁【美容サロンの“リピート集客サポーター”】次のページ田中優勝さん、美容

関連記事

  1. 美容室開業と消費者金融
  2. 経営者の略歴
  3. 独立の資金計画
  4. 開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」
  5. 追加の運転資金
  6. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP