あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足」

美容室・理容室を開業するあなたへ

あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念するケース」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

オープン前の準備段階で開業断念・開業直後に廃業、、、

 

 

 

 

 

 

そんなことにならないために、

 

 

 

 

美容室の失敗事例から、存続のポイントを学びましょう。

 

 

 

 

 

 

今回お話しする開業失敗事例は、

 

 

 

「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念するケース。」

 

 

 

 

 

実は、開業を断念するケースで1番多いのが、このケースです。

 

 

 

 

 

 

なお、どのくらいの自己資金が必要かは、

 

 

 

 

自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室開業時の新創業融資】

 

 

 

 

の記事を参照していただければと思いますが、

 

 

どんなに良い事業計画書を作成しても、

 

 

 

 

 

自己資金が不足していれば融資を受ける可能性は低くなります。

 

 

 

 

 

 

また、「このくらいの額なら借りられるだろう」という判断から、

 

 

 

 

 

開業準備を進めてしまっても、

 

 

 

 

 

融資が下りなければ、費やしたお金・時間・労力がすべてムダになってしまいます。

 

 

 

 

 

契約だけ先に済ませてしまって、融資が下りなかったなんてことになったら目も当てられません。

 

 

 

 

 

 

なお、自己資金が少なければ、絶対に融資が受けられないわけではありません。

 

 

 

 

 

 

他に保証人(人的担保)や不動産(物的担保)があるなど、

 

 

 

 

 

自己資金の少なさをカバーできる要素があれば、交渉の余地はあります。

 

 

 

 

 

 

それでも、自己資金が少ないというのは、

 

 

 

 

 

「マイナス評価からのスタート」であることに変わりはありません。

 

 

 

 

 

 

新規開業の場合、金融機関の融資担当者は、

 

 

 

 

 

あなたに「事業を必ず成功させる」という「覚悟」がどれだけあるかを見てきます。

 

 

 

 

 

 

そして、その「覚悟」をあなたの「経歴」や「自己資金を貯めてきたかどうか」など

 

 

 

 

 

あなたの「行動」から読み取ります。

 

 

 

 

 

「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念する。」

 

 

 

 

開業を断念するケースで1番多いのが、このケースです。

 

 

 

 

 

こうならないためにも、しっかりと自己資金を貯めてください。

 

 

 

 

そして、ぜひ、あなたのお店を成功させてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すると良いか知っていますか?【美容室のオーナーさんへ】前のページ

日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?【新規開業予定の方へ】次のページ日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その① 【新規開業予定の方へ】

関連記事

  1. 美容師の独立準備、「面貸し(ミラーレンタル)」のメリット・デメリット
  2. 美容室の自己資金と返済義務
  3. 美容室の内装
  4. 消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】
  5. 自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】
  6. 理美容室・開業

最近の記事

  1. 女性美容師さんの独立
  2. 美容室とPCR検査
  3. キャリアアップ助成金
  4. 社会保険料と美容室・理容室
  5. 美容室・出店
  6. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  7. 美容室と理容室の確定申告
  8. 美容師・理容師と失業給付

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP