あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足」

美容室・理容室を開業するあなたへ

あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念するケース」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

オープン前の準備段階で開業断念・開業直後に廃業、、、

 

 

 

 

 

 

そんなことにならないために、

 

 

 

 

美容室の失敗事例から、存続のポイントを学びましょう。

 

 

 

 

 

 

今回お話しする開業失敗事例は、

 

 

 

「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念するケース。」

 

 

 

 

 

実は、開業を断念するケースで1番多いのが、このケースです。

 

 

 

 

 

 

なお、どのくらいの自己資金が必要かは、

 

 

 

 

自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室開業時の新創業融資】

 

 

 

 

の記事を参照していただければと思いますが、

 

 

どんなに良い事業計画書を作成しても、

 

 

 

 

 

自己資金が不足していれば融資を受ける可能性は低くなります。

 

 

 

 

 

 

また、「このくらいの額なら借りられるだろう」という判断から、

 

 

 

 

 

開業準備を進めてしまっても、

 

 

 

 

 

融資が下りなければ、費やしたお金・時間・労力がすべてムダになってしまいます。

 

 

 

 

 

契約だけ先に済ませてしまって、融資が下りなかったなんてことになったら目も当てられません。

 

 

 

 

 

 

なお、自己資金が少なければ、絶対に融資が受けられないわけではありません。

 

 

 

 

 

 

他に保証人(人的担保)や不動産(物的担保)があるなど、

 

 

 

 

 

自己資金の少なさをカバーできる要素があれば、交渉の余地はあります。

 

 

 

 

 

 

それでも、自己資金が少ないというのは、

 

 

 

 

 

「マイナス評価からのスタート」であることに変わりはありません。

 

 

 

 

 

 

新規開業の場合、金融機関の融資担当者は、

 

 

 

 

 

あなたに「事業を必ず成功させる」という「覚悟」がどれだけあるかを見てきます。

 

 

 

 

 

 

そして、その「覚悟」をあなたの「経歴」や「自己資金を貯めてきたかどうか」など

 

 

 

 

 

あなたの「行動」から読み取ります。

 

 

 

 

 

「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念する。」

 

 

 

 

開業を断念するケースで1番多いのが、このケースです。

 

 

 

 

 

こうならないためにも、しっかりと自己資金を貯めてください。

 

 

 

 

そして、ぜひ、あなたのお店を成功させてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すると良いか知っていますか?【美容室のオーナーさんへ】前のページ

日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?【新規開業予定の方へ】次のページ日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その① 【新規開業予定の方へ】

関連記事

  1. 美容室の内装
  2. 美容室の開業
  3. 創業相談ウィーク、公庫
  4. 開業失敗事例③「開業資金が予算をオーバーしたことにより、開業を断念したケース」
  5. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?
  6. 「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP