高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】

美容室・理容室を開業するあなたへ

高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

多くのサロンが、ホットペッパービューティーでWEB集客をしています。

 

 

 

 

 

それだけ、リクルートさんの作った

 

 

 

 

 

ホットペッパービューティーの仕組みが素晴らしいということでもあります。

 

 

 

 

 

しかし、掲載料の高さがオーナーさんの大きな悩みのタネになっているのも事実です。

 

 

 

 

 

 

美容室のお客様の会計数値を見ていると、

 

 

 

 

 

広告宣伝費の比率が突出していることに気付かされることが多いです。

 

 

 

 

 

理由の大部分は、ホットペッパービューティーなどの宣伝媒体への掲載費用となっています。

 

 

 

 

 

スペースなどに応じて、毎月10万円とか20万円とか結構な金額がかかっているわけですね。

 

 

 

 

 

 

なので、私もお客様から、

 

 

 

 

 

「いやあ、掲載費用が高いっすわあ…」

 

 

 

 

 

という声を聞くことが多くなるわけです。

 

 

 

 

 

 

ホットペッパービューティーに掲載することで集客できれば、

 

 

 

 

 

ある程度の支出はやむを得ないと考えているかもしれませんが、

 

 

 

 

 

次のことは、必ず意識しておいていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

「『新規顧客を取り込む作戦』は、当然必要にはなるわけですが、

 

 

 

 

それと同時に、『新規顧客をリピーターにしていく作戦』をしっかり考えておいてください」

 

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

ホットペッパービューティーは、掲載料のコスト負担はありますが、

 

 

 

 

 

新規の顧客獲得に効果がある集客ツールであることも確かです。

 

 

 

 

 

ただ、いつまでもこのレベルの広告宣伝費をかけ続けていたら、すぐにお金が無くなってしまいます。

 

 

 

 

 

ですので、

 

 

 

 

 

ホットペッパービューティーのような強力な集客ツールを活用して、

 

 

 

 

 

「新規顧客を取り込む作戦」を実施すると同時に、

 

 

 

 

 

「新規顧客をリピーターにしていく作戦」をしっかり考えておいてください。

 

 

 

 

 

あなたのサロンが、お客様から愛され続けるお店でありますように。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

確定申告・年末調整で、所得控除を見逃していませんか?【社会保険料控除】確定申告・年末調整で、「所得控除」を見逃していませんか?【社会保険料控除】前のページ

「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・ミニモ」などの掲載サイトの広告宣伝費】次のページ「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】

関連記事

  1. 美容室と家賃設定
  2. 追加の運転資金
  3. 創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】
  4. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その②「融資の受けやすさ」】
  5. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】
  6. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

最近の記事

  1. 美容室とPCR検査
  2. キャリアアップ助成金
  3. 社会保険料と美容室・理容室
  4. 美容室・出店
  5. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  6. 美容室と理容室の確定申告
  7. 美容師・理容師と失業給付
  8. 美容室・理容室と一時支援金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP