みなし自己資金

美容室・理容室を開業するあなたへ

「みなし自己資金」で、自己資金の金額をアップさせる

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「開業のためにもう使ってしまったお金があるのですが、これって自己資金として認められますか?」

 

 

 

 

こんなご質問を、開業準備をなさっているオーナーさんからいただきました。

 

 

 

 

結論からお伝えすると、

 

 

 

 

すでに使ってしまったお金でも、開業のために使った分は、自己資金としてカウントすることができます。

 

 

 

 

これを「みなし自己資金」といいます。

 

 

 

 

店舗備品、美容機器、保証金、敷金など、

 

 

 

 

実際に融資を受ける前に、開店のための支払いをすることもあると思います。

 

 

 

 

こういった支払いが「みなし自己資金」として認められれば、

 

 

 

 

その分だけ融資の時の自己資金額が増えるので、融資額を大きくすることが可能です。

 

 

 

 

ただ、自己資金として認定してもらうためには、そのお金の支払が開業のためであることを、

 

 

 

 

創業計画書、通帳、領収書などを使って説明し、審査担当者を納得させる必要があります。

 

 

 

 

口頭の説明だけでは、なかなかみなし自己資金として認められません。

 

 

 

 

開業のために使ったお金がある場合は、領収書などの証拠をキチンと残すようにしておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

オーナーさんと代理店さんとオーナーさんと、ホットペッパービューティー代理店さんと、税理士と前のページ

「小規模事業者持続化補助金」募集スタート(最高50万円までの補助)次のページ小規模事業者持続化補助金

関連記事

  1. 地方自治体による「制度融資」のメリット【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】
  2. 「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】
  3. 美容室の工事期間を使って新規客につなげる驚きの方法!【工事期間は宝の山】
  4. 「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  5. 美容室の開業時の融資失敗事例【公庫に断られた4つの理由】
  6. 商店街への美容室出店

最近の記事

  1. 女性美容師さんの独立
  2. 美容室とPCR検査
  3. キャリアアップ助成金
  4. 社会保険料と美容室・理容室
  5. 美容室・出店
  6. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  7. 美容室と理容室の確定申告
  8. 美容師・理容師と失業給付

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP