追加の運転資金

美容室・理容室を開業するあなたへ

創業融資を受けた後すぐに、追加の運転資金の借入はできますか?

 

税理士の山本です。

 

 

 

「創業融資を受けた後すぐに、追加の運転資金の借入はできますか?」

 

 

 

オーナーさんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

まず、結論からお伝えすると、

 

 

 

開業資金の融資を受けた後、①どれくらいの期間が経過しているか、②その間の実績(利益)がどうなっているか、によります。

 

 

 

まず、「①どれくらいの期間が経過しているか」ですが、

 

 

 

 

開業資金の融資を受けてから、まだ2~3ヶ月ほどしか経っていないのに運転資金の申し込みを行っても、まず融資は望めません。

 

 

 

 

銀行としては、「3か月前に融資したばかりなのに、もうお金がないの?」と考えてしまうからです。

(また開業当時の計画性も疑われることになります。)

 

 

 

ではどのくらい期間が経てば、追加の運転資金の融資が受けられるのかというと、

 

 

 

 

一般的には前回の融資後、1年は経っていて欲しいという銀行さんが多いです。

(どんなに短くても、6か月は経過していないと厳しいところです。)

 

 

 

 

そしてその上で、「②その間の実績(利益)がどうなっているか」がチェックされます。

 

 

 

 

つまり、その1年間で利益が、黒字に向けて好転しはじめているor黒字になっているかな?

 

 

 

 

という点がチェックされるということです。

 

 

 

 

このように開業後すぐのタイミングでは、追加の運転資金の調達が困難になることも多いです。

 

 

 

開業前にできる限り自己資金を貯めておいていただくこと。

 

 

 

 

そして、創業融資で余裕を持った融資を受けておくことによって、

 

 

 

 

店舗運営が軌道に乗るまでの、運転資金の確保をお願い致します。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

税務調査対策税務調査でよく聞かれる質問と、メモ書きの活用前のページ

個人ブログって、どんな効果がありますか?次のページ個人ブログの効果

関連記事

  1. 美容室開業と保証協会
  2. 美容室・理容室の現金管理の方法、その①「小口現金はいりません」
  3. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】
  4. 美容室とお祝い
  5. 美容室の内装
  6. 自己資金と運転資金

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP