美容室の開業当初における「広告宣伝費」の優先度【サロンにお客様を集客できてますか?】

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室の開業当初における「広告宣伝費」の優先度【サロンにお客様を集客できてますか?】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室の開業相談をさせて頂く時に、

 

 

 

 

 

しっかりと予算を取るように事業計画を立てていただくのが「広告宣伝費」です。

 

 

 

 

 

サロンの規模にもよりますが、100万円前後確保していただくことも多いです。

 

 

 

 

 

この金額を見ると、

 

 

 

 

 

「高すぎませんか?」「そんなに使わないと思いますよ?」

 

 

 

 

 

なんて声を頂くことがあります。

 

 

 

 

 

これだけ広告宣伝費の予算を確保していただく理由は、2つ。

 

 

 

 

 

まず、理由①「『広告宣伝費に100万円使うくらい、とにかく全力で集客してください』

 

 

と言うことにより、営業の優先度をお伝えするため。」

 

 

 

 

 

開業当初は、集客がすべてといっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

集客に成功して、あなたのお店をいかに早く軌道に乗せるかが、

 

 

 

 

 

あなたのお店が生き残れるかどうか直結するからです。

 

 

 

 

 

 

そして、理由②「広告宣伝費を使う余裕を残しておくため」

 

 

 

 

 

内装工事、美容機材は、計画した金額より10%~20%くらい増えてしまう事があります。

 

 

 

 

そして、増えた金額の穴埋めとして、広告宣伝費の予算が使われることが多いです。

 

 

 

 

 

そうすると、いざオープンする時に、広告宣伝費に余裕が無くなってしまうんですね。

 

 

 

 

 

実は、ここが、あなたが分かれ道の1つです。

 

 

 

 

 

 

広告宣伝費に余裕がなくなると、何が起こるか。

 

 

 

 

 

サロンをオープン出来たけど、集客にお金が掛けられない。

 

 

 

 

 

集客にお金をかけられないので、待てど暮らせど、お客様がこない。

 

 

 

 

 

つまり、売上が上がらない。

 

 

 

 

 

返済は待ってくれないので、運転資金は、すぐ底をつきます。

 

 

 

 

 

そうするとどうなるか、もうお分かりですよね。

 

 

 

 

 

 

実は、これが開業に失敗する主要なパターンの1つでもあります。

 

 

 

 

 

どれだけ素晴らしい技術でも、知って貰わないと絶対にお客様は来ません。

 

 

 

 

 

あなたのお店を知ってもらうには時間が掛かります。

 

 

 

 

 

美容室には、オープン前の事前告知がかかせません。

 

 

 

 

開業前の事業計画で計画した「客数・客単価」を必ず達成するために、

 

 

 

 

オープンから1年間の間に使うべき予算は、必ず確保して頂くようにしています。

 

 

 

 

正直、100万あっても足りないくらいです。

 

 

 

 

 

先日ご相談を受けた美容室のオーナーさんは、

 

 

 

 

 

「集客には広告宣伝費が絶対に必要である。

 

 

 

 

 

という意識が強い方でした。

 

 

 

 

 

 

結果として、初期段階から毎月新規で15名前後の集客に成功していらっしゃいました。

 

 

 

 

 

既存客のない状態でのスタートでしたから、開業してからしばらくは厳しい状態でしたが、

 

 

 

 

 

6か月経った頃から、徐々に業績が安定して軌道に乗り始めました。

 

 

 

 

 

広告宣伝をしてから集客に結び付くまでには、時間差があります。

 

 

 

 

 

今打った広告の効果が出始めるのは、3か月から6か月経った後と考えてください。

 

 

 

 

開業時の広告宣伝費の予算は、軌道に乗るかどうかの分かれ道の1つです。

 

 

 

 

 

しっかりと予算の確保をお願いします。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

「扶養控除」できるのは子供だけとは限りません。年収103万円以下の扶養親族を、確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?「扶養控除」ができるのは子供だけとは限りません。年収103万円以下の扶養親族を、確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?前のページ

郊外型の美容室と、駐車場の重要ポイント【女性に優しいロケーションにしていますよね?】次のページ郊外型の美容室と、駐車場の重要ポイント【女性に優しいロケーションにしていますよね?】

関連記事

  1. 美容室・理容室の開業と物件の内装、①「スケルトン物件」のメリットデメリット
  2. 開業と資金援助
  3. 独立開業と届出書類
  4. 美容室の廃業
  5. 美容室と銀行融資
  6. 自己資金と運転資金

最近の記事

  1. 役員報酬が高額だと融資に不利
  2. 理容室・美容室と医療費
  3. 美容室と税理士
  4. 美容室の確定申告
  5. 美容室と融資
  6. 理美容業
  7. iDeCo(イデコ)
  8. 給付延長

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP