開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】

美容室・理容室を開業するあなたへ

開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すると良いか知っていますか?【美容室のオーナーさんへ】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

美容室を開業する方からよくいただく質問がこちら。

 

 

 

 

 

「どのタイミングで、税理士に頼めばいいでしょうか?」

 

 

 

 

その答えは、

 

 

 

 

「自己資金が貯まって、物件選びを始めたら、1秒でも早く」

 

 

 

 

つまり、「開業前」です。

 

 

 

 

 

一般的に言われているは、この逆、

 

 

 

 

 

「開業後、儲かってきたら税理士に頼む。」

 

 

 

 

 

ですが、私はこれは違うと考えています。

 

 

 

 

なぜなら、オーナーさんは、

 

 

 

 

 

「開業前からお店が軌道に乗るまで、1円でも売上を増やすために、

1秒でも多くの時間を営業活動に費やすべき。」

 

 

 

だからです。

 

 

 

 

 

実は、

 

 

 

 

 

開業直後のスタートアップの段階で営業に集中できなかったために

 

 

 

 

売上が思うように伸びず

 

 

 

 

 

お店を軌道に乗せるまでに時間がかかる方が本当に多いんです。

 

 

 

 

 

 

「もう少し早く相談にきてくれれば、もっと早く軌道に乗ったのに、、、

 

 

 

 

 

何度こう思ったことかわかりません。

 

 

 

 

 

本当にもったいないです。

 

 

 

 

 

 

もう、極端な話を言えば、

 

 

 

 

 

この時期のオーナーさんには、営業活動以外して欲しくありません。

 

 

 

 

 

開業当初は、オーナーさんの働きがほぼ100%、お店の売上に直結するからです。

 

 

 

 

 

本当に残念ですが、

 

 

 

 

事務作業は、1円も売上を生みません。

 

 

 

 

 

「その事務作業の時間を本業に向けたら、いくらプラスで稼げるかな?」

 

 

 

 

 

と考えてみてください。

 

 

 

 

 

少なく見積もって、毎月10時間は、事務作業の時間に消えてると思います。

 

 

 

 

 

美容室なら、10時間あればお客様10名に施術できます。

 

 

 

 

他にも、ホームページやブログの更新、お礼ハガキの送付、販促用のチラシや看板作成など

 

 

 

 

広告宣伝の時間に使えます。

 

 

 

あなたにしかできない仕事があります

 

 

 

 

その仕事に集中できる環境を作るのも、経営者の仕事です。

 

 

 

 

 

あなたの時間を作り出すために、私のような税理士に依頼してください。

 

 

 

 

 

どのタイミングか?

 

 

 

 

「自己資金が貯まって、物件選びを始めたら、1秒でも早く」です。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

予告なしで税務署がお店に来ることがあることを知っていますか?無予告調査といいます【現金商売と税務調査】予告なしで、税務署がお店に来るってなに?無予告調査といいます【現金商売と税務調査】前のページ

あなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足で融資が下りずに、開業を断念するケース」次のページあなたも気を付けて、開業失敗事例その①「自己資金不足」

関連記事

  1. 千葉駅の美容室
  2. 創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】
  3. キャッシュフローと納税
  4. 美容室と多店舗展開
  5. 美容室の物件契約と、定期借家契約のおそろしさ
  6. 残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP