新創業融資

美容室・理容室を開業するあなたへ

公庫の創業融資は、2期目まで受けることができる

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「公庫の創業融資って、創業2期目でもまだ申込めるんでしょうか?」

 

 

 

 

 

オーナーさんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

結論からお伝えすると、

 

 

 

 

 

「事業開始後、2期目まででしたら受けることができます。」

 

 

 

 

 

公庫の融資においては、

 

 

 

 

「創業」=「新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方」

 

 

 

 

とされているからです。

 

 

 

 

 

つまり、新規に独立開業するタイミングだけでなく、

 

 

 

 

 

2期終わるまでは、まだ新創業融資制度を利用することができるということです。

 

 

 

 

 

ただし、1点ご注意いただきたい点があります。

 

 

 

 

 

それは、個人から法人成りなさる場合で、

 

 

 

 

 

個人+法人の通算期間が2年を超えている場合、

 

 

 

 

創業に該当しないので創業融資は受けられないということ。

 

 

 

 

 

個人事業としてやっていた美容業をそのまま法人として営むのであれば、

 

 

 

 

 

「創業」には当てはまらないからです。

 

 

 

 

 

逆に言えば、美容業以外の事業を行うために、法人を設立したのであれば、

 

 

 

 

 

独立して2期経っていたとしても新創業融資を受けることができます。

 

 

 

 

 

「創業融資を申請したいんですが。」というご相談を、

 

 

 

 

 

法人成りしたオーナーさんからいただくことが最近多かったので、書いておきます。

 

 

 

 

 

間違った判断をされないようにご注意下さいね。

 

 

 

【公庫・新創業融資】

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

月次試算表新規出店のためには、月次試算表が欠かせません前のページ

世の中に失敗など存在しない【キングコング西野亮廣氏@近畿大学、卒業式】次のページ

関連記事

  1. 開業と減給
  2. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?
  3. スタッフの通勤手当・手取りが増える
  4. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その④「所得税と法人税の違い」】
  5. テナント物件契約時の5つの支払い【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  6. 開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP