【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

美容室・理容室を開業するあなたへ

【美容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

こちらも、美容室のオーナーさんからよく聞かれる質問です。

 

 

 

「自宅の家賃、水道光熱費、電話代などは、経費になりますか?」

 

 

 

 

 

まず、結論です。

 

 

 

 

 

「仕事で使っているのであれば、経費になります。」

 

 

 

 

 

よくあるのが、①事務作業のスペースや②応接室として、自宅を使っているケースですね。

 

 

 

 

 

特に、給与計算や人事などの秘密にしたい作業は、お店では行えませんよね。

 

 

 

 

 

そのため、オーナーさんの自宅の一部を、実際に仕事で使っていれば経費になります。

 

 

 

 

 

 

では、どのくらいの金額を経費にいれることができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

実は、自宅の家賃・水道光熱費・通信費のうち、

 

 

 

 

 

「仕事で使っている割合」

 

 

 

 

を経費にすることができます。

 

 

 

 

 

 

で、その割合ですが

 

 

 

 

 

①面積の割合、②時間の割合など、1番合理的な割合を使うことになります。

 

 

 

 

 

 

要は、税務署に

 

 

 

 

 

 

「ご自宅の家賃などは、どういう基準で経費にしているんですか?」

 

 

 

 

 

と聞かれたときに、

 

 

 

 

 

「こういう合理的な理由で経費にしてますよ」

 

 

 

 

 

と、説明できればいいわけです。

 

 

 

 

 

なお、1番簡単な方法は、

 

 

 

 

 

自宅の1室を、仕事専用の部屋にしてしまうことです。

 

 

 

 

 

 

そして、その上で

 

 

 

 

 

「仕事専用の部屋の床面積 ÷ 自宅全体の床面積」

 

 

 

 

 

の割合で、自宅の家賃・水道光熱費・通信費などを経費にするということです。

 

 

 

 

 

 

このように、合理的な基準で経費にすると、

 

 

 

 

 

よほどおかしな割合にならない限りは、税務署も納得してくれます。

 

 

 

 

 

ただし、注意点が1つあります。

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

「仕事専用の部屋には、仕事用のもの以外は置かないこと」です。

 

 

 

 

 

これ、意外とできていない方が多いので気を付けてください。

 

 

 

 

 

 

簡単に言えば、

 

 

 

 

 

 

「仕事部屋にベッドや趣味の品など、プライベートなものを置くのはやめてください」

 

 

 

 

 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

どうですか?あなたのご自宅は、きちんと仕事とプライベートの部屋に分かれているでしょうか?

 

 

 

 

 

美容室は、お店の中で事務作業のスペースを確保できないことがほとんどだと思います。

 

 

 

 

 

というより、事務作業のスペースを確保するために、お店の床面積を使うくらいなら、

 

 

 

 

 

その床面積を席数を増やすために使って欲しいです。

 

 

 

 

 

その方が、売上アップにつながりますからね。

 

 

 

 

 

 

お店の床面積の使い方は、非常に大事です。

 

 

 

 

 

1㎡でも多く、売上につながるような床面積の使い方をして欲しいと思います。

 

 

 

 

 

そして、ご自宅を仕事用のスペースとして有効活用していただいて、

 

 

 

 

 

お店の売上が1円でも増えるように、効率的に経営をしていただければと思います。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

ビューティフルライフ、懐かしい、大好きなドラマです。

 

 

 

 

美容師を演じた木村拓哉さんがカッコよすぎます。

 

 

 

ドラマを見てた当時は、美容師になりたかったなあ。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)美容室で、まずチェックすべき4つの費用 (美容室の「4大経費」)前のページ

創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】次のページ創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】

関連記事

  1. 青色申告と「所得税の青色申告承認申請書」の税務署への届出【期日は厳守です!】
  2. 自己資金と運転資金
  3. 美容室と開業融資
  4. 利益をだしているお店のオーナーさんが高い確率でしていること【テナント物件の家賃交渉】
  5. 独立開業と届出書類
  6. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP