消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】

美容室・理容室を開業するあなたへ

消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室の開業融資】

 

 

税理士の山本です。

 

 

1.「消費者金融とは」

 

 

消費者金融と聞くと、アコム、アコム、アイフルなどを思い浮かべると思います。

 

 

 

 

 

しかし、銀行がチェックするのは、こういった消費者金融の履歴だけありません。

 

 

 

 

 

それ以外にも、代表的なものとしては

 

 

 

 

 

一般の銀行のキャッシング(ちば銀カードローンとかですね)、

 

 

 

 

 

他には携帯の支払い、クレジットカード、通販の割賦払い、リース、住宅ローン等も含まれています。

 

 

2.「過去に遅延したことがあるとどうなるか」

 

 

過去の遅延があると、レッドカードではないですが、イエローカードくらいの評価になっています。

 

 

 

 

 

もし、現在遅延している方は、急いで支払いを行ってください。

 

 

 

 

 

遅くとも、融資申込みの6カ月~1年前には、遅延を解消しておいてください。

 

 

 

 

 

もし、遅延し続けると金融事故と同じ扱いになります。

 

 

 

 

 

金融事故と同じ扱いにされた場合、まず、融資を受けることができません。

 

3.自己資金計算上の注意点

 

 

また、消費者金融などで借入がある場合は、

 

 

 

 

 

自己資金から借入を引いた金額を自己資金と認定される場合がありまので、

 

 

 

 

自己資金の計算をするときは注意してください。

 

 

 

 

(200万コツコツ貯めても、借金が100万あったら、自己資金と認めてもらえるのは100万になるということです。)

 

 

 

 

 

なお、住宅ローンの残高は、借金の金額には含まれません。

 

 

 

 

 

借金(マイナス△の財産)と同額の不動産(プラス+の財産)があるので、プラスマイナスゼロ(±0)として計算されるからです。

 

 

4.まとめ

 

 

消費者金融等からお金を借入している方は、「遅延」は絶対にダメです。

 

 

 

 

 

日本政策金融公庫からの借入を考えているのであれば、融資の審査上ダメージが大きすぎます。

 

 

 

 

 

「自分の信用情報は、大丈夫かな?」と心配な方は、

 

 

 

 

 

CIC【割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関】で現在の状況を確認しておきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】前のページ

銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】次のページ銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】

関連記事

  1. 小規模サロンの開業
  2. 美容室と給料日
  3. 開業と事業計画書の制度
  4. 美容室の物件契約と、定期借家契約のおそろしさ
  5. 美容室・開業のために必要となる資格【防火管理者の資格をとっていますか?】 あなたの開業するお店には、スタッフさん・お客様含めて、30人以上の人が収容可能でしょうか? もし、収容人員が30名以上の美容室・飲食店を開業するのであれば、「防火管理者」の資格が必要です。 消防法により、あなたのお店の防火管理者を選任し、開業時に消防署に届け出なくてはいけません。 「防火管理者」は、防火上必要な業務を適切に遂行し、その防火対象物の管理を行なう人をいいます。 つまり、「火事が起きるのを防止して、もし、火事が起きたら、適切に避難誘導などの行動ができる人」です。 なお、 お店の延床面積が300㎡以上なら「甲種防火管理者」、 お店の延床面積が300㎡未満なら「乙種防火管理者」の選任が必要になります。 また、「防火管理者」の資格は、 最寄りの消防署が行っている「防火管理者講習」を修了することで取得できます。 そして、「講習期間」は、甲種は2日・乙種は1日で、「受講料」は3,000~5,000円です。 なお、余談ですが、火災で多くの方が思い出すのが、「新宿歌舞伎町ビル火災」ではないでしょうか。 2001年9月、44名の方がお亡くなりになり、3名の方が負傷したあの痛ましい事件です。 あの火災をきっかけとして消防法が大幅に改正されました。 防火管理者の必要性と重要性を伝えるのに、あれ以上の教訓はないように思えます。 現在も、「防火管理者」の講習では、「新宿歌舞伎町ビル火災」を引き合いに出して、 講習が行われることも多いと聞きます。 多くの死傷者を出した原因は、避難通路の確保が不十分であったためとされています。 あなたのお店でも、いつどんなことが原因で火事に見舞われるかわかりません。 あなた・お客様・スタッフさん、お店にかかわるすべての方の命を守るためにも、 「防火管理者」の資格を取るとともに、防火に関する意識を高めてください。
  6. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP