美容室と銀行融資

美容室・理容室を開業するあなたへ

借入は悪でしょうか?いいえ、保険です。

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

先日、美容室のオーナーさんと飲みに行ったときに、

 

 

 

 

開業融資について、こんな話がでたのでシェアさせていただきます。

 

 

 

【オーナーさん】

 

「開業資金を、全額自己資金でカバーしようとしてる後輩がいるんですよ。

 

『借金はリスクだと思うんで絶対したくありません!』って考えで。」

 

 

 

 

【メガネ税理士】

 

「『借金は、悪!』っていうイメージを持っている方は多いですよね。

 

経営の観点から言うと、保険みたいなものなんですけどね。」

 

 

 

 

一般に、自己資金だけで開業しようと言う方は、

 

 

 

 

 

よほどご両親がお金持ちか、田舎でこじんまり開業するでもしない限り

 

 

 

 

 

総投資額を自己資金でまかなうのは厳しいですよね。

 

 

 

 

 

見積もり出してみればわかりますが、

 

 

 

 

 

総投資額が1,000万円以上のケースがほとんどですので。。。

 

 

 

 

 

 

かといって、ご自身だけで貯めようと思ったら、1番大事な「時間」がなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

何年かかるでしょうか?現実的ではありません。

 

 

 

 

これは、悲しい実話ですが。

 

 

 

 

 

昔、自己資金だけで開業した方がいました。

 

 

 

 

 

その方も、「借入は悪」という考えをお持ちの方でした。

 

 

 

 

 

どうなったか?

 

 

 

 

 

自己資金だけで成功できると思ったが、開業してから6ヶ月で資金繰りがショートした 。

 

 

 

 

 

6ヶ月目からやっと軌道に乗ってきていたのに、繁盛店になる前に閉店せざるを得なくなった。

 

 

 

 

 

「こんなことになるなら、早く借入しておけばよかった。。。」

 

 

 

 

 

今もそのオーナーさんの言葉を覚えています。

 

 

 

 

 

どうか、赤字でも耐えられる運転資金を確保してください。

 

 

 

 

 

あなたのお店の成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と開業融資融資申込前には、支払いの遅延がないかをチェックしましょう【忘れやすい5つの確認先】前のページ

美容室の家賃は、どれくらいの比率%が適切でしょうか?次のページ美容室と家賃設定

関連記事

  1. 美容室の補助金
  2. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません
  3. 美容室の開業
  4. 団信の加入
  5. 消費者金融
  6. 地方自治体による「制度融資」の内容【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP