美容室と給料日

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室の給料日の決め方(気を付けたい2つのポイント)

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

開業準備中の方から、質問されることが多い質問がこちら

 

 

 

 

 

「給料日は、いつにしたらいいですか?」

 

 

 

 

 

気になるところですよね。

 

 

 

 

 

まず、結論から、

 

 

 

 

「給料日をいつにするかは、自由です。」

 

 

 

 

ただし、気を付けていただきたいポイントが2つあります。

 

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

(1)「給与計算をするための日数は、何日欲しいか?」

 

 

 

 

(2)「手元現金が多い時は、いつか?」

 

 

 

 

 

この2点です。

 

 

 

(1)「給与計算をするための日数は、何日欲しいか?」

 

 

 

まず、(1)「給与計算をするための日数は、何日欲しいか?」

 

 

 

 

これは、給料の締め日と支払日(給料日)との間に、

 

 

 

 

 

何日の余裕を持っておくかということです。

 

 

 

 

 

実際に給料を支払うためには、給料計算しないといけません。

 

 

 

 

 

そして、その作業は、給料の締め日のあとに始まります。

 

 

 

 

 

なお、給与計算には、それなりに時間がかかります。

 

 

 

 

 

美容室であれば、歩合給のスタイリストさんも多いですし。

 

 

 

 

 

 

そうなると、今月の歩合給はいくらか、何時間働いたか、

 

 

 

 

 

 

ということを計算しないといけません。

 

 

 

 

 

 

そして、計算したら、給料を振り込むために銀行に行かないといけません。

 

 

 

 

 

 

そのため、この「給与計算→銀行振込」の作業を、

 

 

 

 

 

給料の締め日~支払日(給料日)までに終わらせるとなると、

 

 

 

 

 

 

「日数は、1日でも多いほうが望ましい!」

 

 

 

 

 

 

ということを覚えておいてください。

 

 

 

 

 

  *10日~14日くらい空けていただくと、時間に余裕ができていいかなと思います

 

 

 

 

 

 

また、給料日は、「1度決めたら変えにくい」という特徴もあります。

 

 

 

 

 

スタッフさんからしたら、毎月給与日が違うようなお店では、働きたくないですよね。

 

 

 

 

 

そのため、給料日をコロコロ変えることは、むずかしいと思ってください

 

 

 

(2)「手元現金が多い時は、いつか?」

 

 

 

給料日の決め方、ポイントの2つ目は、

 

 

 

 

 

(2)「手元現金が多い時は、いつか?」です。

 

 

 

 

 

 

給与計算を行ったら、給料日に給料を支払わないといけません。

 

 

 

 

 

つまり、手元にお金がないといけないわけです。

 

 

 

 

 

なので、給料を支払う側からすると、

 

 

 

 

 

「できれば、現金がたくさんある時が給料日だとありがたいな~」

 

 

 

 

 

となりますよね。

 

 

 

 

なお、美容室は、現金商売ですから、

 

 

 

 

 

他の業種ほど、手元現金に大きな変動はありません。

 

 

 

 

 

あるとすれば、クレジット会社からの売上入金日は、

 

 

 

 

 

毎月現金が多くなるといったところでしょう。

 

 

 

 

 

この辺は、お店によってケースバイケースだと思いますので、

 

 

 

 

 

あなたのお店に置き換えていただいて、

 

 

 

 

 

「毎月、1番現金があるのはいつかな?」

 

 

 

 

 

という点を考えていただいて、

 

 

 

 

 

比較的現金が多い日を給料日にすると、キャッシュフローに余裕が生まれると思います。

 

 

 

以上2点です。

 

 

 

 

 

(1)「給与計算をするための日数は、何日欲しいか?」

 

 

 

 

 

 →10日~14日くらい空けていただくと、時間に余裕ができていいかなと思います。

 

 

 

 

 

(2)「手元現金が多い時は、いつか?」

 

 

 

 

 

現金が多い日を給料日にすると、キャッシュフローに余裕が生まれると思います。

 

 

 

 

 

資金繰りは、経営において非常に重要です。

 

 

 

 

 

この2点を考慮して、あなたのお店に合った給料日を設定してみてくださいね。

 

 

 

 

なお、私の感覚として多いパターンは、

 

 

 

 

①締日が末日で、給料日が翌月15日であるとか(3月31日締め→4月15日払い)

 

 

 

 

②締日が10日で、給料日が当月25日(4月10日締め→4月25日払い)

 

 

 

 

 

などかなと思います。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室・理容室の開業時に、有利な金融機関美容室の開業時に、有利な金融機関を知っていますか?前のページ

美容室のスタッフの通勤手当(スタッフの手取りが増えますよ?)次のページスタッフの通勤手当・手取りが増える

関連記事

  1. プライベートサロンの開業
  2. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その③「開業までのスピード」】
  3. 任意継続
  4. 美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」
  5. 美容業の開業
  6. 地方自治体による「制度融資」のメリット【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP