経営者の略歴

美容室・理容室を開業するあなたへ

「経営者の略歴等」は、勤務経験の長さより、何をしてきたかが大事

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

公庫の創業計画書には、「経営者の略歴等」という欄があります。

 

 

 

 

 

この欄、「年数と勤務先」だけしか書かない方もいらっしゃるのですが。

 

 

 

 

 

正直にお伝えすると、もったいないです。

 

 

 

 

 

できることなら、

 

 

 

 

 

「店長・マネージャーなどの管理職としての役職・経験」

 

 

 

「習得した技術の内容」

 

 

 

 

 

これを具体的に記載するようにしてください。

 

 

 

 

 

公庫の創業融資においては、それがプラスに働きます。

 

 

 

 

 

なぜか。

 

 

 

 

 

創業融資は、転職に近いからです。

 

 

 

 

 

あなたが人を雇うとして、勤務経験の長さだけで人を採用するでしょうか?

 

 

 

 

 

普通はしませんよね。

 

 

 

 

 

それよりも、

 

 

 

 

 

「これまでどんな技術を習得して、どんなことができるのか。」

 

 

 

 

 

これを重視するはずです。

 

 

 

 

 

公庫の担当者も、同じ目線で美容室の開業予定者の方をチェックしてきます。

 

 

 

 

 

美容室を経営なさるのであれば、

 

 

 

 

 

美容師としての技術以外にも、採用スキルやマネジメントスキルが必要となります。

 

 

 

 

 

つまり、店長やマネージャーなど、人を管理する経験をしてきたかを重視してくるということです。

 

 

 

 

 

勤務時代に人をまとめた経験がないのに、

 

 

 

 

 

いざ美容室を開業したら、まとめられると言われても、にわかに信じがたいはずです。

 

 

 

 

 

なので、独立のときは、店長・マネージャーといった管理職での経験がプラスに働くということを意識しつつ、

 

 

 

 

 

勤務時代から、そのために必要な経験を積んでおくことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

スムーズな開業に結び付けるためにも、

 

 

 

 

 

 

将来、公庫の融資を利用して独立をお考えの方は、

 

 

 

 

 

頭の片隅に入れておいていただければと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

消費者金融は利用しない独立をお考えなら、勤務時代に消費者金融を利用しないで前のページ

競合他社より時間を長くかける、勝つために次のページ競合他社より時間をかける

関連記事

  1. 自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】
  2. 消費者金融は利用しない
  3. 3Dパース
  4. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません
  5. 美容室・理容室の開業と物件の内装、①「スケルトン物件」のメリットデメリット
  6. 人を雇うなら

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP