節税は悪

美容室・理容室を開業するあなたへ

節税の多くは、お金の流れを止めてしまう【節税のデメリット】

 

税理士の山本です。

 

 

 

世の節税の多くは、お金の流れを止めてしまう。

 

 

 

これ、新規に開業なさったオーナー様には、特に知っておいていただきたいことです。

 

 

 

「止めてしまう」には、2つの意味があり、

 

 

 

1つが、「節税は、貴重な現金を蝕む」ということ。

 

 

 

必死に節税したにも関わらず、現金は増えないどころか減っている。

 

 

 

これが節税の恐ろしいところ。

 

 

 

もう1つは、節税すると「銀行からお金を借りにくくなってしまう」ことです。

 

 

 

節税をして利益や手元資金が減ると、銀行からお金を借りれなくなってしまう。

 

 

 

貸してもらえても金利が高い、返済期間が短い、額が少ない。

 

 

 

など、悪い条件の融資になります。

 

 

 

また、そういったデメリットを理解せずに節税を進めると、

 

 

 

こういう経営の悪いスパイラルに陥ります↓。

 

 

 

【悪いスパイラル】

 

①節税する

 

②利益が減る、お金が無くなる

 

③銀行が融資をしてくれない

 

④投資ができない、取引先への支払いが遅れる、払えない

 

⑤倒産

 

 

 

そう、最悪の場合、倒産します。

冗談ではなく、実際にゴロゴロ転がっている話です。

 

 

 

一方、節税のデメリットをキチンと認識して、

 

 

 

現金の減る節税をしない経営をすると、このような良いスパイラルに入ります↓。

 

 

【良いスパイラル】

 

①現金の減る節税をやめる

 

②決算書に利益を残す

 

③しっかり手元資金が確保できる

 

④経営に余裕が持てる

 

⑤銀行から「借りていただけませんか?」と言ってくる

 

⑥新規出店などの新規投資で、売上・利益・事業規模・ブランド力が拡大する

 

⑦銀行から「もっと借りていただけませんか?」と言われ、さらに手元資金が厚くなる

 

 

 

どちらがいいかは、一目瞭然ですね。

 

 

 

特に、これから2店舗・3店舗と、美容室の多店舗展開をお考えでしたら、

 

 

 

どちらを選ぶかは致命的な差に繋がります。

 

 

 

節税は、税理士の私からしても魅力的ではあります。

 

 

 

でも、グッとこらえてください。

 

 

 

そこが経営のターニングポイントの1つです。

 

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の内装内装業者の相見積りの大切さ【金額・工期・美容業の施工実績はどうか?】前のページ

美容師さんと手荒れ【オーナーになるという選択肢】次のページ美容師さんと手荒れ

関連記事

  1. 美容室の出店とコンビニ跡地
  2. 「クーポンの怖さ」【ホットペッパービューティー・食べログ・ぐるなび」などの掲載サイトの広告宣伝費】
  3. 自己資金と運転資金
  4. 美容室と白色申告
  5. 独立したオーナー様
  6. 貯金ゼロで独立

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP