美容室と据置期間

美容室・理容室を開業するあなたへ

据置期間って何ですか?【開業時にオーナー様からのよくあるご質問】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「据置期間って何ですか?」

 

 

 

新規に美容室を開業なさるオーナー様から、よく聞かれる質問の1つがこれです。

 

 

 

銀行から融資を受ける時、「据置期間」という期間を設定できる場合があります。

 

 

 

この据置期間とは、元金の返済が猶予される期間を言います。

 

 

 

6か月と設定したなら、借入をしてから6か月間は、利息のみの支払に抑えることができる。

 

 

 

というようなシステムです(通常の返済は、「元金+利息」の合計を支払います)。

 

 

 

これから創業なさるオーナー様の場合、

 

 

 

 

日本政策金融公庫から創業融資を受ける場合には、6か月程度の据置期間を設定することが多いです。

 

 

 

なぜかというと、開業してもいきなり十分な売上が上がることは少ないので、

 

 

 

開業当初の返済負担を減らすことが目的です。

 

 

 

ちなみに公庫の場合、創業のケースでいうと最大2年まで設けることができます。

 

 

 

とはいうものの、この据置期間は何年くらいまで設定するのが望ましいでしょう?

 

 

 

銀行との交渉にもよりますが、創業の場合は1年以内に抑えた方が良いと感じています。

 

 

 

オーナー様のビジネスモデルにもよりますが、

 

 

 

①開業後1年以内には、事業を軌道に乗せ、利益体質に持っていっていただきたいこと。

 

 

 

②「据置期間」は元金の返済を猶予することができても、「借入金の返済期間」を伸ばせないこと。

 

 

 

から、特にそう感じます。

 

 

 

ちなみに②はどういうことかというと、

 

 

 

7年返済の借入に2年間の据置期間を設定してしまうと、

 

 

 

実質、5年で借入返済をすることになってしまうということです。

 

 

 

これは中々キツイです(よくわからない方は、個別にご説明するのでお声がけください)。

 

 

 

これから開業なさるオーナー様は特にですが、

 

 

 

事業計画書をキッチリ作成して、戦略的に据置期間を設定していきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と確定申告今年独立なさった方は、2019年中に確定申告の相談を税理士にしておいてください前のページ

「預金平残が大きい」と、銀行融資が受けやすい理由次のページ預金平残と美容室

関連記事

  1. 人を雇うなら
  2. 美容室開業と保険所の営業許可、必ずして欲しい1ポイントアドバイス
  3. 自己資金と運転資金
  4. 美容室の内装工事代の平均
  5. 便利アイテムと美容室リサーチ
  6. スタッフを雇ったときの「7つの書類」(架空人件費に注意)

最近の記事

  1. テナント支援
  2. 最低賃金
  3. 実質無利息
  4. 東金市の理美容室
  5. 山武市・美容室
  6. 八潮市の理美容室
  7. 国保の減免
  8. 千葉市の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP