個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その②「融資の受けやすさ」】

美容室・理容室を開業するあなたへ

個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その②「融資の受けやすさ」】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室の開業のお手伝いをしていると、よく聞かれるのがこの問。

 

 

 

 

「個人事業と会社(法人)、どう違うんですか?」

 

 

 

 

個人事業と法人の違いを理解していただくと、どちらが有利かも見えてきます。

 

 

今日は、その第2弾、「融資の受けやすさ」です。

 

 

 

2.「融資の受けやすさ」

 

 

 

まず、結論から

 

 

 

「開業時の融資の受けやすさは、個人でも法人でも変わりません。」

 

 

 

なぜか、

 

 

 

お金を貸す金融機関の立場からすると

 

 

 

個人事業でも法人でも、過去の実績はゼロ「0」だからです。

 

 

 

 

 

長年続いている中小企業であれば、決算書などのデータを分析することができます。

 

 

 

 

 

ですが、起業する前の人は実績がゼロ「0」なので、

 

 

 

 

分析対象となるデータがないんですね。

 

 

 

 

 

もちろん、開業する方のこれまでの「経歴」や、「自己資金の金額」など、

 

 

 

 

 

目安となる材料はありますが、コンピューターで分析して結論をだすわけにはいきません。

 

 

 

 

 

データの絶対量が足りなすぎるためです。

 

 

 

 

 

そのため、開業時の融資の受けやすさについては、どちらが有利ということはありません。

 

 

 

 

そのため、個人事業でも法人でも変わらないんです。

 

 

 

 

 

 

なお、あなたが「個人事業にするか法人にするか」は、

 

 

 

 

開業時の融資の受けやすさに影響しませんが、

 

 

 

 

 

あなたの「経歴」・「自己資金」・「信用情報を綺麗にする」など、

 

 

 

 

開業前にどれだけ準備をしたかは、

 

 

 

 

「融資の受けやすさ」に影響します。

 

 

 

 

とんでもなく重要ですので、それはお忘れなく。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】前のページ

テナント物件契約時の5つの支払い【美容室のオーナーさんへ】次のページテナント物件契約時の5つの支払い【美容室・飲食店のオーナーさんへ】

関連記事

  1. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?
  2. 美容室の内装
  3. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)
  4. シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】
  5. 美容室の自己資金と返済義務
  6. 銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP