銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】

美容室・理容室を開業するあなたへ

銀行融資と内装・設備の見積書のリスク【銀行の地雷を踏まないように気を付けてください!】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

今回は、融資を多めに受けようとして、軽い気持ちでやってしまいがちですが

 

 

 

 

 

非常にリスクがある「融資におけるの内装・設備」の見積書についてお話しいたします。

 

 

 

 

 

融資計画の時には、内装工事や・業務設備の見積書が要求されます。

 

 

 

 

 

この見積書ですが、内装屋やディーラーさんが融資用の見積書を、

 

 

 

 

 

実際より多い金額で作成してくれるケースがよくあります。

 

 

 

 

 

なぜ、このような見積書を作成するかと言うと、

 

 

 

 

 

「お店が軌道に乗るまでの間、ギリギリの資金でやりたくない。内装の見積りを多めにして、多めに融資を受けちゃおっかな。

 

本当は700万円しかかからないけど、1,000万円必要ってことにしての融資を受けて、

 

差額の300万円は、余裕資金として手元に取っておこう。」

 

 

 

 

 

なんて考えるケースや、

 

 

 

 

 

「追加工事がある場合に備えて多めに見積もりをとっておこうかな?使わなかったら、運転資金に使えばいいや。」

 

 

 

 

 

こんなケースがあるからですね。

 

 

 

 

しかしながら、この考え、かなり危険です!

 

 

 

 

 

銀行の「資金使途違反」となる可能性があるからです。

 

 

 

 

 

融資申込の時に銀行に伝えたとおりに融資資金を使わないことを、

 

 

 

 

銀行では「資金使途違反」と呼び、重大な約束違反に該当します。

 

 

 

 

 

「資金使途違反」が発覚すれば、銀行との信頼関係は即失墜します。

 

 

 

 

 

場合によっては借入の即時一括返済を求められる可能性があります。

 

 

 

 

 

実は、ウソをついて銀行からお金を借りて、本当は自分の遊びのために使ってしまうという人がいるんですね。

 

 

 

 

 

お金を貸す銀行からしたら、激怒ですよね、お金が返ってくる可能性はほぼ「0」なので。

 

 

 

 

 

 

銀行から、「借入を今すぐ一括で返せ!」って言われる危険があることを知らずに、

 

 

 

 

 

融資を多めに受けようとして、つい軽い気持ちでやってしまいがちですが、

 

 

 

 

 

お店の閉店につながりかねませんので、絶対にやめてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室の開業融資】前のページ

住民税・家賃・水道光熱費の支払いの遅れが、融資の致命傷に?【美容室の融資申込前にチェック】次のページ住民税・家賃・水道光熱費の支払いの遅れが致命傷に?【美容室・飲食店の融資申込前にチェック】

関連記事

  1. NOLIMIT
  2. 美容室は、開業前から領収書を保存しないと、ダブルで損をします【融資と節税で不利になる】
  3. 創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】
  4. 競合店調査と理美容
  5. 美容室の多店舗展開と銀行評価
  6. 個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP