開業なさる理美容師さんへ

美容室・理容室を開業するあなたへ

コロナ禍の中、新規開業を決めた美容師・理容師の方へ

 

 

税理士の山本です。

 

 

突然ですが、

コロナ禍の中、新規開業する美容師・理容師さんへご質問です。

 

 

「はい」or「いいえ」で答えてみてください。

 

 

Q.「自己資金は、最低100万以上貯めていますか?」

 

 

Q.「自己資金が100万ほどしかない場合、ご親族からの資金援助は見込めますか?」

 

 

Q.「開業してすぐ、売上の見込みは立っていますか?」

(お客様がゼロの状態でスタートするなら、融資の審査が相当厳しくなります)

 

 

Q.「事業計画書は、作ってみましたか?」

 

 

Q.「個人の信用に、問題はないですか?(ブラックリストに載ってないですか?)」

 

 

 

この質問は、新規開業なさる方へ確認させていただく項目のごくごく一部ですが、

 

 

どれか1つでも「いいえ」と答えた方は、少し立ち止まって、

お近くの専門家(税理士など)に開業相談に行かれることをオススメします。

 

 

コロナ禍の中、新規開業なさったオーナー様はたくさんいますが、

開業前から綿密な準備をしたオーナー様ほど、安定的に黒字経営をしています。

(逆に、勢いだけで開業なさった方ほど、苦戦しています)

 

 

 

お店をオープンする前から勝負は始まっています。

1%でも勝つ確率を上げるために、シッカリと準備をなさってください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

事業再構築補助金この春「事業再構築補助金」という新しい補助金がスタート!前のページ

4月1日より、メニューの「税込表示」が義務化されます!次のページ総額表示

関連記事

  1. 独立したオーナー様
  2. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その③「開業までのスピード」】
  3. 事業譲渡により美容室を引き継ぐ場合の、2つの注意点!
  4. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません
  5. 美容室と信用情報のチェック
  6. 美容室と据置期間

最近の記事

  1. キャリアアップ助成金
  2. 社会保険料と美容室・理容室
  3. 美容室・出店
  4. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  5. 美容室と理容室の確定申告
  6. 美容師・理容師と失業給付
  7. 美容室・理容室と一時支援金
  8. 美容室・理容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP