消費者金融

美容室・理容室を開業するあなたへ

消費者金融の借入が、創業融資に与えるインパクト

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

銀行融資の審査は、数あるローン審査のなかで、

 

 

 

 

 

最も審査基準が厳しいことは有名な話です。

 

 

 

 

 

 

銀行融資は、基本的に確実に収入の範囲内で返済できると考えられる水準までしか実行されません。

 

 

 

 

 

 

一方、最も審査基準が緩いと言われているのが、消費者金融。

 

 

 

 

 

この消費者金融から現在借入している、あるいは以前借入していた場合、

 

 

 

 

 

銀行融資の審査に、影響することがあります。

 

 

 

 

 

消費者金融からの借入有無の取扱は、銀行によって違うのが実際のところですが、

 

 

 

 

 

いくつか分類すると次のようになります。

 

 

 

 

①消費者金融から現在・過去問わず借金歴がある場合は、融資不可 

 

 

②現在借金がある場合は不可(過去あった場合は可能)

 

 

③過去借金はあったが、現在はない場合は可能

 

 

④現在借金はあるが、借入先は1社のみの場合は可能

 

 

⑤複数の消費者金融から現在借金はあるが数社程度なら可能

 

 

 

 

 

実務上は、多くの銀行で上記④の取扱となっていることが多いかなと思います。

 

 

 

 

 

1社の消費者金融から少額だけを借りているという場合には、

 

 

 

 

 

それほど審査に影響することはありません。

 

 

 

 

 

少額であれば資金繰りを圧迫することはありませんので、

 

 

 

 

返済能力が認められれば審査は通ります。

 

 

 

 

 

ですが、ないに越したことはありません。

 

 

 

 

 

独立開業時は特にですが、消費者金融からの借入は、できるだけ少なくしておいてください。

 

 

 

 

 

※理想を言えば、直近2年くらいは、消費者金融の利用がないようにしてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容とゴールデンウィークゴールデンウィークの10連休、お早目の対策を前のページ

「日常取引」がないと、本当の意味でのメインバンクにはなってもらえない次のページ銀行の日常取引

関連記事

  1. 創業相談ウィーク、公庫
  2. 自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】
  3. 美容室・理容室の開業と、自己資金の貯金
  4. 美容室と開業融資
  5. 美容室の自己資金と返済義務
  6. 美容室と信用情報のチェック

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP