美容室の自己資金と返済義務

美容室・理容室を開業するあなたへ

自己資金のカウント方法の注意点!!(返済義務のある親族からの借入)

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

開業のご相談で、こんな質問をいただいたのでシェアさせて頂きます。

 

 

 

 

【ご質問】

 

 

「返済しなければならない親族からの借入は、融資の時に自己資金としてカウントされますか?」

 

 

 

 

【回答】

 

 

「原則、認められません。」

 

 

 

 

 

注意していただきたいのが、親族関係からの借入が、「返済義務ありのケース」。

 

 

 

 

 

これは、原則、認められません。

 

 

 

 

 

自己資金とはあくまで返済義務が「ない」資金のことを言います。

 

 

 

 

 

なお、正直グレーゾーンですが、

 

 

 

 

 

出世払い・ある時払いのような、限りなく返済義務がないケースも自己資金として認められるケースもあります。

 

 

 

 

 

自己資金を準備する際の留意点として、覚えておいていただけるといいかなと思います。

 

 

 

 

 

あなたのお店の成功を、いつも応援しています。

 

 

 

 

 

<自己資金のまとめ>

 

 

・返済義務なしの資金 〇

 

 

・返済義務ありの資金 ×

 

 

・出世払い △

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の商圏分析新店舗をオープンするなら、商圏分析で勝率をアップさせましょう!前のページ

公庫のアンケート、開業する方にとっては実に興味深いです!!次のページ美容室の開業

関連記事

  1. 団信の加入
  2. 美容室の出店とコンビニ跡地
  3. 【美容室・理容室のオーナーさんへ】ご自宅の家賃などを経費にできることを知っていますか?
  4. 自己資金と運転資金
  5. 美容室の開業
  6. 美容室と集客

最近の記事

  1. 最低賃金
  2. 実質無利息
  3. 東金市の理美容室
  4. 山武市・美容室
  5. 八潮市の理美容室
  6. 国保の減免
  7. 千葉市の理美容業
  8. 固定費の管理

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP