消費者金融は利用しない

美容室・理容室を開業するあなたへ

独立をお考えなら、勤務時代に消費者金融を利用しないで

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

融資を利用して美容室の開業をご希望なら、

 

 

 

 

 

勤務時代から、消費者金融では借りないことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

修業時代の給料は低いけれども、

 

 

 

 

 

後輩の飲み代を奢ってあげたりして、

 

 

 

 

 

足りないキャッシュを消費者金融から借りて回している方がいます。

 

 

 

 

 

後輩想いの優しさは、とても素晴らしいです。

 

 

 

 

 

ですが、将来独立をお考えの場合には、歯を食いしばって自宅で飲むとか、

 

 

 

 

 

美容室を開業して成功したら奢ってあげるとか、

 

 

 

 

 

時にはやさしさを我慢することも、スムーズに美容室を開業するためには大事です。

 

 

 

 

 

また、私のブログを見ている方で、

 

 

 

 

 

「すでに、消費者金融にお金を借りてしまっている。」と言う方もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

やってしまった過去は変えられないので、早めに返済することを心がけましょう。

 

 

 

 

 

そして、絶対に返済遅延をしないようにしてください。

 

 

 

 

 

※金融事故をおこしてしまうと、銀行融資を受けることは不可能になるからです

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

借入の返済は長期間が安全長期の借入にすることで、毎月の利益のハードルを低くする。前のページ

「経営者の略歴等」は、勤務経験の長さより、何をしてきたかが大事次のページ経営者の略歴

関連記事

  1. 開業と事業計画書の制度
  2. 美容室の多店舗展開と銀行評価
  3. 美容室・理容室の開業と物件の内装、②「居抜き物件」のメリットデメリット
  4. 美容室開業と保険所の営業許可、必ずして欲しい1ポイントアドバイス
  5. 洋服代と経費、美容室と理容室
  6. 節税は悪

最近の記事

  1. 一時支援金
  2. 事業再構築補助金
  3. 女性美容師さんの独立
  4. 美容室とPCR検査
  5. キャリアアップ助成金
  6. 社会保険料と美容室・理容室
  7. 美容室・出店
  8. 理容師・美容師さんと社保の扶養

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP