美容室ガクブル

美容室と集客

はじめて行くお店なんて、ガクブルですよ

 

二日酔いと戦っている、メガネです。

 

 

だれでも初めてのお店に行くときは、緊張しますよね。

 

山本は、ビビりなので、初めてなんてガクブルですよ。

ええ、友達の紹介などもなく、行ったことないお店なら、まずガクブルです。

 

ビビりの思考のプロセスを示すと、こんな感じです。

 

 

①看板やファサードが目に入る

 ・・・「このお店、何のお店だろう?」

 

②入口にディスプレイされたメニュー表や商品を見る

 ・・・「どんなサービスだろう?料金はどうかな?」

 

③店内をのぞき込んで、雰囲気を見る

 ・・・「どんな人がいるお店だろう?」「私が行って変じゃないかな?」

 

④携帯でお店の情報・口コミなどを確認する

 ・・・「口コミはどうだろう?」

 

⑤ここまでOKなら、警戒のアンテナを解除し、来店する

 ・・・「行ってみようかな。」

 

 

このように、心の中で確認作業に移ります。

 

1つ1つ自分の不安を消していって、

自分の選択が正しいという理由(言い訳)を探し始めます。

 

 

ここで、山本のひとり言。

 

「安心できると、行きやすいです。」

 

 

・メニュー表や、写真がディスプレイされていたり

・外から店内の様子がわかる、全面ガラス張りだったり

・お店のドアが少し開けてあって、入りやすそうだったり

・ホットペッパーなどの口コミ数が多かったり

 

 

こんな1つ1つの積み重ね。

ビビりのメガネからすると、とっても嬉しいです。

 

お客様も、きっと同じことを思っているはずです。

 

 

ぜひ、あなたのお店の①から⑤のプロセスをチェックしていただいて、

 

「もっと安心していただけるには、どうしたらいいかな?」

 

これを考えてみてください。

 

あなたのお店の成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

隠れ家と美容室「隠れ家」のお店は、どんな人が成功しているのか前のページ

看板は、店名よりも、業種を強調すると集客に強くなります次のページ美容室と看板

関連記事

  1. 美容室のクーポンの見せ方
  2. NOLIMIT
  3. 美容室の看板(カンバン)広告でこんな間違いしてないですよね?
  4. 美容機器のレンタルサービス
  5. サロンと新規客
  6. ママスタイリスト

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP