ママスタイリスト

美容室と集客

ママスタイリストであること、それは強い武器です

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

あるオーナー様の興味深いコンセプトをシェアさせて頂きます。

 

 

 

 

そのサロンのコンセプトはずばり、

 

 

 

 

 

「ママさんによる、ママさんのための美容室!」

 

 

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

 

 

実は、そのサロン、オーナーさんを含めたスタイリスト様3名全員が、

 

 

 

 

 

「ママスタイリスト」なんです!

 

 

 

 

 

オーナーさんいわく

 

 

 

「自分が母親なので、ママさんの悩みは痛いほどわかるんですよね。

 

 

だから、ママさんのためのサロンを私が作ろうと思ったんです!」

 

 

 

 

 

とのこと。

 

 

 

 

 

実は、こちらのサロンは、キッズルームやキッズスペースはありません。

 

 

 

 

 

では、どうやってママさんに選んでいただくのか?

 

 

 

 

 

まず、朝8時30分から営業することで、保育園に送りにいった時に、

 

 

 

 

 

そのままママさんが1人で来店できるように配慮しています。

 

 

 

 

 

また、全員がママスタイリストということを、

 

 

 

 

 

ホームページをはじめとした広告に全面に打ち出していらっしゃること。

 

 

 

 

 

そして何より、ブログやfacebookを通じてママさん特有の悩みを発信したり、

 

 

 

 

 

自分たちの人柄がわかるようなサイト作りをすることにより、

 

 

 

 

 

ママさんの共感を呼び、気軽に来店しやすい空気を作り出していらっしゃいます。

 

 

 

 

 

皆さんのサロンでも、参考になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

スタッフのキャラクターに応じた、ターゲットを選ぶこと。

 

 

 

 

目からウロコでした。

 

 

 

 

 

あなたのサロンが、お客様からずっと愛されますように。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

若い世代とサロン「若いお客様を獲得したい」とお悩みならこの方法を試してください!前のページ

マンションでネイルサロンを開くときの知恵袋次のページネイルサロン

関連記事

  1. 看板戦略と知名度

    美容室と集客

    こんな看板業者に注意してください

    どうも、メガネ税理士です。…

  2. 美容室の認知度
  3. ポータルサイトと美容室理美容の集客
  4. サロン最強の集客方法をご存知ですか?【掃除と挨拶】
  5. 美容室と変身願望
  6. 若い人が通うサロンは嫌!というニーズがあることを知っていますか?

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP