節税はほどほどに

税金・社会保険のこと

税金を払いたくないから赤字にした

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

手元キャッシュを残すという意味で、「節税」は大切です。

 

 

 

 

一方で、「節税」は、決算書の利益を少なくすることとイコールでもあります。

 

 

 

 

 

利益を少なくして「節税」すると、銀行融資が受けにくくなるという効果をもたらします。

 

 

 

 

 

銀行融資が受けれなければ、次の店舗の出店資金が調達できません。

 

 

 

 

 

過去に面談したオーナー様の中には、

 

 

 

 

「税金を払いたくないから赤字にしました。」

 

 

 

 

と赤字決算を説明された方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

しかし銀行は、節税のために赤字にしたという理由を考慮することはありません。

 

 

 

 

 

赤字決算であれば、返済能力はゼロと判断します。

 

 

 

 

 

多店舗化を望まれるオーナー様であれば、

 

 

 

 

 

キャッシュアウトを伴う節税は、ほどほどにして頂きたいと考えています。

 

 

 

 

 

多店舗化を進めたいのに、

 

 

 

 

 

決算書の数字が悪いたがめに、出店資金が調達できないという悪循環に陥ってしまうおそれがあるからです。

 

 

 

 

 

実態を反映した黒字決算にして、スムーズに資金調達を進められるように、

 

 

 

 

 

キャッシュアウトの伴う「節税」にはお気を付けください。

 

 

※逆に、有利な税制の活用など、キャッシュアウトの伴わない節税は、積極的に行ってください

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

借入の一本化借入の口数が多いのであれば、一本化を検討してみましょう前のページ

個人確定申告では、「扶養控除」をフル活用しましょう次のページ扶養控除はフル活用

関連記事

  1. 理容室・美容室と医療費
  2. 算定基礎届
  3. マイホーム
  4. 美容師と相続
  5. 確定申告書の写し
  6. 老後の資金を

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP