美容室と煙草

個人事業主のオーナーさんへ

美容室とタバコと助成金(受動喫煙防止対策助成金)

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「昔は、タバコが、ファッションの一部と考えられていた風潮がありましたね。」

 

 

 

 

あるオーナーさんが、

 

 

 

 

 

美容業界の喫煙率の高さについて、こう仰っていました。

 

 

 

 

 

「タバコを吸っていると、カッコいい。」

 

 

 

 

 

そういう雰囲気が、美容業界にはあったとのことです。

 

 

 

 

 

 

とは言え、最近は、

 

 

 

 

 

お客様満足度の最大化のために、

 

 

 

 

 

・お店で全面禁煙を実施したり

 

 

・スタッフさんに禁煙を促したり

 

 

 

 

 

そういった取り組みをなさるオーナーさんも増えてきました。

 

 

 

 

そういったオーナーさんに、

 

 

 

 

 

方法の1つとして知っておいていただきたいのが、

 

 

 

 

「受動喫煙防止対策助成金」です。

 

 

 

 

 

内容を簡単お伝えすると、

 

 

 

 

 

喫煙室の設置にかかる経費の2分の1(上限100万円)を助成する

 

 

 

 

 

 

というものです。

 

 

 

 

 

タバコを吸わない人(特に、女性のお客様)にとっては、

 

 

 

 

タバコの臭いは、美容室を変えるキッカケになるほどです。

 

 

 

 

 

ですが、喫煙者のスタッフさんにとっては、

 

 

 

 

タバコを吸えないと、ストレスが溜まり、仕事がはかどらない場合もあります。

 

 

 

 

 

そのため、喫煙を全面に禁止することは、

 

 

 

 

スタッフさんの心情を考えると、難しいこともあると思います。

 

 

 

※実は、私も、昔は喫煙者でした

 

 

 

 

 

もちろん、完全に禁煙できればベストですが、

 

 

 

 

喫煙者、非喫煙者が共存していくための方法の1つとして、

 

 

 

 

 

「お店の分煙を助けるための助成金もあるんだな。」

 

 

 

 

 

ということは、知っておいてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

年収1億円になる人の習慣年収1億円になる人の習慣前のページ

美容室・理容室と、スタッフさんの不正への対処(横領・窃盗)次のページ美容室と不正

関連記事

  1. 美容室と協賛金
  2. 最低賃金
  3. 給与収入

    個人事業主のオーナーさんへ

    給与収入103万円以下でも、住民税がかかることがある

    「扶養の範囲でいられるように、年間103万円以下の…

  4. 青色申告のメリットその①「10万円または65万円を所得から引ける(青色申告特別控除)」
  5. 美容室の居抜き
  6. 美容室、出金伝票

最近の記事

  1. 女性美容師さんの独立
  2. 美容室とPCR検査
  3. キャリアアップ助成金
  4. 社会保険料と美容室・理容室
  5. 美容室・出店
  6. 理容師・美容師さんと社保の扶養
  7. 美容室と理容室の確定申告
  8. 美容師・理容師と失業給付

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP