美容室の居抜き

個人事業主のオーナーさんへ

お店を居抜きで売却するとき、売買契約がスピーディーに決まるオーナーさんの特徴【売り手側】

 

 

税理士の山本です

 

 

 

お店を居抜きで売却するとき、

 

 

 

スピーディーに売買契約が成立するオーナーさんには、いくつか特徴があります。

 

 

 

①「居抜き店舗の正確な試算表がだせること」

 

 

 

まず、直近の試算表が正確に出せるかどうかがポイントになります。

 

 

 

どれくらい利益を生む潜在能力のある店舗なのか、把握する必要があるためです。

 

 

 

②「内外装工事、美容機器の明細をだせること」

 

 

 

次に、そのお店の内外装工事、美容機器の購入にいくらかかって、

 

 

 

どれくらい減価償却が進んでいるかを把握する必要があります。

 

※固定資産台帳があれば、話が早いです

 

 

 

③「棚卸資産の明細がだせること」

 

 

 

また、店舗の内外装、美容機器だけでなく、

 

 

 

技術に使う商品・店販商品も売却するのであれば、売却時点の棚卸資産の明細も必要です。

 

 

 

上記①~③があるかどうか、

 

 

 

つまり、「何をいくらで売るのか(買うのか)」をわかりやすく明細でだせること。

 

 

 

スムーズな居抜き物件の売買には、これポイントになります。

 

 

 

逆に、「店舗の全部まるっと込みで700万、現状渡し」のように、

 

 

 

①~③の明細をださない状態では、情報が少なすぎて買い手は全く判断できませんので、

 

 

 

売買交渉も進展しないことがほとんどです。

 

 

 

情報を明確にすれば、適正価格はどれくらいか判断することができます。

 

 

 

正確な情報提供が、スムーズな居抜き譲渡の近道です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

算定基礎届社会保険の算定基礎届が届きはじめています前のページ

「決算書」を使って、銀行にどんなことを話すのか次のページ美容室の決算説明

関連記事

  1. 青色申告のメリットその⑥「銀行(金融機関)の信用度が上がる」
  2. 美容室と協賛金
  3. 確定申告の期限延長
  4. 美容室と不正
  5. 美容室と雑費
  6. 最低賃金

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP