郵便料金の変更

個人事業主のオーナーさんへ

消費税増税による郵便料金の改定間近!【ハガキ・DMなどを集客ツールとしてお使いになるオーナーさんへ】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

10月1日の消費税改定に伴い、郵便料金も変わります。

 

 

 

オーナー様の中には、お客様にハガキなどのツールを使って集客を行っている方もいらっしゃいますので、

 

 

 

増税直前ということで、気を付けていただきたいことを3点書いてみたいと思います。

 

 

1.投函時間に注意です

 

 

郵便料金ですが、実は、日付が変わった瞬間に金額が変わるわけではありません。

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

 

10月1日の最初の集荷までに郵便ポストに投函された郵便物については、

 

 

 

9月30日までの料金でOKということになっています。

 

 

 

つまり、10月1日の最初の集荷までは、昔の増税前の金額でOK。

 

 

 

そして、第2集荷からは増税後の金額となりますので、

 

 

 

ぜひお近くのポストの集荷時間をご確認ください。

 

 

 

2.往復はがき・返信はがきにもご注意を

 

 

2つめは、往復はがきや返信ハガキ。

 

 

 

9月30日までに往復はがきや返信はがきを貰ったとします。

 

 

 

往復はがきであれば、出欠など参加・不参加の意向を示し、いざポストへ次の日の夕方に投函しますが、

 

 

 

料金が変わっているので、はがきだと1円切手を貼って投函しないと戻ってきてしまう。

 

 

 

これは返信はがきも同様ですので、前もって1円多く貼っておくのがオススメです。

 

 

 

3.古いレターパックに気をつける

 

 

最後に、古いレターパック。

 

 

 

ハガキや郵便封筒だと切手に意識がいきますが、

 

 

 

忘れがちなのが、普段切手を用意する必要がないレターパックです。

 

 

 

レターパックライトは、10月から360円→370円に、

 

 

 

レターパックプラスは、10月から510円→520円になります。

 

 

 

もし、増税前の価格のレターパックを持っていたとしても、

 

 

 

10円切手を貼って投函することで問題なく郵送されます。

 

 

 

そのため、古いレターパックライトをお使いになる際は、10円切手を貼ることをお忘れなく。

 

 

 

郵便局のホームページでも詳しくアナウンスされていますので、

 

 

 

切手・レターパックを使って郵送なさるオーナーさんは、ぜひ今一度ご確認ください。

 

 

 

【郵便局・郵便料金の変更】

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

関連記事

  1. 美容室と申告
  2. 青色申告のメリットその③「家族への給与を経費にできる(青色事業専従者給与)」
  3. 美容室と不正
  4. 美容室経営と議決権
  5. オーナーの健康診断と美容室
  6. 美容室と保険

最近の記事

  1. 美容室と現金預金
  2. 美容室とみなし自己資金
  3. 美容師さんと医療費控除
  4. 東京都の創業補助金
  5. 美容室とふるさと納税
  6. 美容室の多店舗展開
  7. 美容室開業と信用情報
  8. 美容室の運転資金

アーカイブ

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP